アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「物流」のブログ記事

みんなの「物流」ブログ


物流構造の変化

2014/03/03 00:43
物流構造の変化と言っても実際には人との関わり方が変わってくるというお話です。

現在、建設業界が深刻な人手不足になってきていると報道がされています。
業種によっては有効求人倍率が7倍近くあるものもあるようです。
公共工事が増えたというよりも、今までに減らされてしまった影響で公共インフラに投資をしなくては、公共インフラの維持管理が難しくなってきた事も要因です。
東京五輪による特需もあるでしょうが、根本的に就労人口が減少している事も原因となっています。

中央高速のトンネル崩落事故はインフラ投資を怠ってきた代表的な例ですが、今日の生活を支えるには公共インフラを維持してゆくのが不可欠であります。

高速道路や一般道の整備により物流も発展してきました。
しかし、これからは今までのような物流を維持してゆくのが難しい時代に入ってきます。

日本の生活を支えているのは物流です。
物流と言っても様々なものがありますが、その代表的な例がコンビニです。
コンビニがこれだけ発展していったのは物流が発達したからに他なりません。
しかし、その物流も建設業と同様に人手不足になっています。

便利になればなるほど人が必要となり、物流に介する人も増えてゆきます。
就労人口が減少してゆく中で、多くの人が必要となるトラック輸送を見直す時が来たのではないでしょうか。

今あるインフラを活用するにはトラックが一番手っ取り早いものです。
しかしトラックではせいぜい一人で輸送できる量は限られています。
鉄道輸送では平均20両編成のコンテナで1両につき大型トラック2台分を輸送できますので、1回につき40台の輸送が可能です。
大手運送会社も長距離輸送については鉄道輸送を併用していますが、全体的な物量からしてみるとごくわずかであります。

今日依頼して明日届く。
これが当たり前になってきました。しかし、そんなに急いで届けなくてもよい荷物もあるはずです。
便利さを追求する事で物流を発展させて来たのですが、急がない荷物は拠点輸送についてはトラックを用いなくても良いのではないかと考える時があります。


日本は島国です。
島国ならではの新しい物流の仕組みを作り上げる必要があります。
東日本大震災の時には、海運が活躍しました。リアス式海岸で多くの津波の被害を受けましたが、船が様々な物資を運んできています。

海運は輸送力はありますが、時間はどうしてもかかってしまっています。
しかし、北海道と本州間や離島間では大量の物資を船で運び続けている事を踏まえると、それを基本とした全国的な物流の仕組みが出来るのではないかと考えています。


船による輸送は海だけではありません。
川や湖を利用しても輸送が可能です。江戸時代の物流を元に最先端の物流の仕組みが出来るかもしれません。

急ぐ荷物と急がない荷物を同じ物流で運ぶのは人手不足という観点からみても結果的に不経済に思えます。
新しい物流を構築する事によって、未来の日本の姿が見えてくるのではないかと思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


太陽電池による冷房システムの開発について

2009/10/23 12:00
今日は、一企業の取り組みですが今後の物流業界のCO2削減について、大きな効果がある装置を紹介します。

日本の物流は、トラックなどの物流業界に支えられ私達の日常生活や企業活動を底辺から支えています。
高速道路のSAやPA、倉庫や港湾施設等では荷下ろし、荷捌き、荷積み待ちのトラックが多くあふれております。
そのトラックの殆んどは運転手の快適性を確保事や直ぐに動かせるようにアイドリングを行っております。
車内は日中は暑く、夜は寒くなり運転手にとっては体力的に過酷な状況であります。その為にエアコンを作動させる事が多くあります。また、冷蔵・冷凍等の種別のトラックは発電用と冷却用のコンプレッサーを積んだサブエンジンを積載しており積荷があるときは常に作動している状況であります。

このような状況下のなかで、大型トラック向けに太陽電池による運転室内の冷房システムの開発に成功したと発表がありました。

三菱化学と菱化ロジテックが共同で開発したものです。
詳細は ↓ ↓ ↓ をご覧下さい。

http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2009/20091022-1.html

現在、高速道路のSAでも、停車中に大型トラックに電力供給する装置が設置されているところがあり、モニタートラックにエアコンを装着しモニター調査をしております。

この電力供給装置が一般の車にも使用出来るようになれば、家庭用エアコンや冷風扇を積んでいる車であればそれを使用し快適な夜を過ごす事が可能になります。

更に今朝の新聞記事によりますと、現在はシステム価格が300万円程かかっておりますが、更に開発を進め50万円程度まで値段を下げる努力をしているそうです。

停車中のアイドリングを減らす事で、低燃費に繋がり、CO2削減にもなりアイドル騒音の解決にもなります。

一企業だけでなく、その他の企業も参入し更に求めやすい価格になるようにすると、日本だけでなく世界の物流にも役立つ事が可能となります。

早く量産化が行われるといいですね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「物流」ブログ

リンク集

誠心館 美国塾 物流のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる