アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「国益」のブログ記事

みんなの「国益」ブログ


働くこと

2014/04/20 05:04
最近、パートタイムやアルバイトで働いている人達を正社員にする動きが出ています。
世界的にも名のある企業がそれを実施してきています。

少子高齢化に伴い、若い就労人口が減少して来ています。
これは以前から言われていた事で、今の次点でこれに気づき動いているようでは自らが求める(企業の立場からしてみると)優秀な人材の確保は難しくなってきているのが現状ではないでしょうか。
また、人材が流出するのを防ごうとする意図もある事でしょう。





人間は働く事で営みを成しますが、働く事に関しての教育をして来なかった今の教育は大きく改革する必要があります。

国語、算数、理科、社会。
現在の公立小学校で教えている事です。

皆に同じ平等で同じ教育をする事が重要だという考え方から現在の教育プログラムが成り立っています。
しかし、それが今では「本当にやりたい仕事はなんなのかわからない」という子供達を沢山育て上げて、就職活動という名の自分探しを行っているのが現状ではないかと思います。

昔、江戸時代には寺子屋がありました。
様々な職業の人達が子供達に読み書きを教えていました。
その時に教えている人達が、自らの仕事の事も話をしていたと思います。

今は、教師という名のサラリーマンが、国が作成した教育プログラムを基に子供達に教育をしています。
そこには、様々な職業の人達が関わる事もありませんので、仕事の話を聞くこともなく、ただただそのプログラムを教え込んでいる訳です。

義務教育という仕組みは素晴らしいものですが、その中身や仕組みは良い物ではないと考えます。
小学生から自分の興味のある職業について少しずつ学び、知識や知恵を得る。
これを行って行かなければならないと考えます。
そこで働く事について少しずつ学んで行く訳です。

トヨタは以前から職人を育成する為に学校を作り、その中で技術的な事を教えています。
これは自動車製造に特化したものと考えられますが、実際にはその取得した技術は自動車製造以外にも十分生かす事が可能なわけです。
国が動かないので自分で動いてしまったのがトヨタであります。





働くことと題名を唱いましたが、
その事に対する教育と考え方も教えないと、子供達は路頭に迷ってしまいます。
路頭に迷うので自分が目指す職業もわからず、何をして良いかも分からず、ただただ就職活動を行って、人によっては数十もの会社の就職試験を受ける現実があるわけです。

自分自身が、どの職業についてどのように世の中に出て社会的な貢献をして行くか、この事の方が重要な教育だと考えます。

私の周囲には給料泥棒と呼ばれても可笑しくないような人達が残念ながら存在します。
楽してお金をもらいたいという考えの人達です。
仕事の事も考えず、自分から率先して仕事を覚える事もせず、楽をしたいので動かないのが見え見えです。

その楽をしている人の陰で、その影響を受けて一生懸命に働いている人達もいます。これも現実です。
どこの会社にもいるのではないでしょうか。
そのような人は・・・


働くという漢字は「人+動」です。
人が動いて働くと読みます。


楽して金を稼ごうという考え方の人達が増えているのが現実です。

そのような人達はよく「パチンコ」を話題にしているのも特徴です。
何処の店のどの台が出るのだのとう会話です。
勤労意欲のない人は残念ながら豊になる事はないと思います。


これも今の教育プログラムの影響ではないかと考えています。

パートタイムやアルバイト等を諸事情で希望して働いている人達で、望んでその働き方を選んだ人は良いと考えますが、働く意欲があってもなかなか良い条件の就職先につく事が出来ない人達も多くいます。
そのような人達は救済する必要があります。




ここで残念な事例を取り上げます。

ある全国的な飲食店チェーンで、一斉に閉店をし始めました。
自宅の近所にもあり、もう開店してから20年以上経過していますが、突然閉店しています。

事情を調べて見ると、その店で働く人の事を考えずメニュー展開をした結果、人が対応出来なくなって働く人が去って行き、店舗運営が出来なくなってしまう事実がありました。
企業はそのような中身を公表していませんが、そこで働いている人達は様々な媒体を通じて、自分達が置かれていた事を公表しています。

これは、企業が働く人達を大切にする事無く人を唯の「駒」としか見ていない最悪のケースです。

将棋でものを例えるならば、
駒は駒でも「歩」を「ト金」にするか否かはその企業の手腕にかかってきます。
「ト金」にするにはそれ相応の賃金を支払わなければ、けっして「ト金」にはならないでしょう。
また働く人達の事も考えて仕組や仕方を構築して行かなくてはなりません。

それらの人達を構成して成り立っている企業はこれから衰退して行くものと予測されます。




働くことはどのような事なのか。
もっと真剣に考え、それを教育してゆく必要があります。
それには優秀な国家公務員の人達が、何れこのような事を考慮した仕組を考え実践してくれるもとの期待します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五輪を終えて

2014/02/28 04:46
最近、友好国である米国が日本に対して敵対的なコメントをしているケースが見受けられます。
米国のマスコミによるものでしたら、所詮買収されているだけですのであまり気にする事もありませんが、政府筋や米国大使が実際に言葉を発しているようでしたら大きな問題となってしまいます。

米国の現政権は民主党であります。
過去に日本に戦争を仕向けたのも、原爆を落とす許可を出したのも民主党であります。
更に現在の日本の原発の再稼働について闇に反対に仕向けたのも米国の民主党であると言われています。
現政権はその事をわかっているので再稼働を進めています。

日本国民はこの事を忘れてはなりません。


ロシアのソチで実施されました冬季五輪が開催され無事に閉幕されました。
オリンピックの競技の結果ばかりに目が行きますが、ここで注目をすべき事は、日本とロシアとの関係です。

現政権は日本との良好的な関係を望んでおり、現政権になってからその関係は急速に進んでおります。
北方領土は本来日本の国土でありますが、将来、実効的に支配をするのであれば、現在も住民が在住している事もあり、共同開発等を行いつつ、エネルギーなどの資源も確保しつつ、サハ共和国等のシベリア方面を含めた包括的な協力関係を築く事が不可欠です。

また、日本側の窓口として秋田や青森、北海道等の港を活用して貿易を盛んにする必要があります。

安全保障の分野でも重要であります。
ロシアは日本との安全保障条約を本音では締結したいと考えております。日本と米国との関係がありますので、それに踏み込むのは日本政府としても慎重にならざる得ません。
しかし、米国とロシアでは圧倒的にロシアの方が近く、またシベリア地方は首都のモスクワからもかなりの距離がありますので、日本との安全保障を締結すればロシアの安全保証の観点から見ても有効であります。
日本の国の姿勢が、ロシアを安心させるものでもあります。


今日までは太平洋側が栄えてきました。
日本海側は、大規模な開発が入らなかった事もあり農業や地場産業が中心となっています。
しかし、ロシアとの貿易が増える事で、日本海側の特に東北北海道方面では新たな産業が増える事が予測されます。


世界的な安全保障の観点から、日本とロシアが今まで以上に有効(友好)な関係を築く事が必要です。
それにより、米国が自らの利益だけを優先して事を実施する事が難しくなるからです。


日本は、日本という孤高の立場がある事を決して忘れてはなりません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本の技術を守れ

2011/06/29 23:43
日本が技術供与した高速鉄道の製造技術を、中国独自開発の技術として国際特許を申請しているとの報道はなされました。

予想はしていましたが、中国高速鉄道の最高運転速度の引き下げを見ると、中国は何かの焦りのようなものを感じます。
突貫工事で中国各都市を結ぶ高速鉄道を建設していますが、その工事がずさんなものであり土木工事の精度が問題となっています。
また、高速鉄道の担当トップが汚職で捕まり中国国内でも大きな問題となっています。
中国国内紙では、高速鉄道技術は独自開発ではなく、日本や欧州からの技術供与だとことをはっきりと掲載しているものもあります。

この国際特許は、結果的に通る事にならなければ良いのですが、日本を含め関係国を敵に回すような政策です。

乱暴な言葉ですが、国自体が盗人だという事を証明したという事です。
ルールや法律の遵守が出来ない民族が集合している国家ですので、自分さえ儲ける事が出来ればそれで良いというのが一般的な中国国民の考え方です。

日本の企業はいい加減に目を覚まさなればなりません。

日本の技術とは工業製品だけでなく、農業の生産技術も同様です。

知的財産を守る為の仕組みを国を挙げて考える時がきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


耕作放棄地の利用について

2011/05/30 22:37
一部企業による耕作放棄地に太陽光発電を設置する事を誘導するような情報を見るようになりました。

ある人のアイディアを企業のトップが盗み見てそれを実行しようという魂胆です。

新聞などでは既に企業や代表名が公表されていますが、これら太陽光発電に使用されるものは全て韓国メーカーのものであるという事はまだ知られていません。

農地法を改正してこれらの農地の2割程度に太陽光発電装置を設置しようという動きがあります。
しかし、これらの土地を簡単に農家が手放すでしょうか。先祖から守ってきた土地。たとえ耕作放棄をしても守っていることには変わりありません。

この愚かな考えを改めない限り、それらに関わる企業は、日本国民の為にその事業を行うのではなく、隣の国の企業とその国の国民、日本に在住するその国の民族の為にその事業を展開しようと企んでいる事は言うまでもありません。

日本で生産出来るものを海外移転するようであれば、日本にそれほどの電力は必要ありません。原子力発電所が発端となった電力不足は、日本企業が企業の利益を追求するあまり、日本国民の収入を確保する事を疎かにした為に起きた天罰であります。
なぜ、経団連に登録している企業の代表はそれに気付かないのでしょうか。その企業の企業理念を忘れてしまったのでしょうか。

かつてのホンダは自転車操業を繰り返し、地球が自転をするかのごとく回っていました。従業員一同となって努力した結果、自転が公転(好転)し、スーパーカブが米国をはじめとする世界各国で大ヒットし、今日でも重要な商品となっている事は言うまでもありません。

日本企業が日本に本社を置き、日本の為に働き、日本国民の繁栄の為に生産拠点を日本に戻すのであれば、これらの電力不足が解決する可能性があります。



さて、耕作放棄地や休耕地はなぜそのような状況になってしまったのかを、農家をはじめとする日本国民が考えなければなりません。以前も記事で取り上げましたが、かつて日本の農地は大量の農薬がしようされ、農地が痛んでしまいました。耕作者の高齢化や跡取りの問題、現在の農業での収入の問題により耕作放棄地や休耕地が増えています。国の減反政策もこれらの農地を増やしてしまうきっかけとなっています。

現在、食糧自給率が70%程度、食糧自給率のカロリーベースで40%程度となっています。
本来であれば国内で賄える食料や飼料を輸入してしまっていますので、これらを国産に切り替える必要があります。

耕作放棄地や休耕地は本来の土地の能力に戻すために結果的に放棄をしたり休耕地になっていたりしているものです。これに気付かなければなりません。

現在の農薬を多用する農地は土壌を痛め、水を痛め、この結果、河川が汚染され湖沼が汚染され、海に流れ海産物にまで影響が出てしまいます。

放射能汚染による影響で、これらの放棄地や休耕地を復活させ、自然と共存する方法で農業を行う事が求められています。その仕組みと方法は近い将来世の中に出て来る事でしょう。

それまでは、その土地を所有している人達は辛抱し忍耐を重ね、土地を守って行かなくてはなりません。


日本の財産である農地や耕作放棄地、休耕地を有効利用するという名目で、太陽光発電の為に利用しようとする愚かな考えはすぐに改めなければなりません。


発起人である企業は、本業の通信事業を日本国民の為に真剣に行う必要があります。しかしながら手遅れの場合は、足下から事業全体が崩れ落ち、企業が存続出来なくなるでしょう。


これは耕作放棄地や休耕地を守り続けている人、これらの宝を復活させようと努力をしている人達からの警告です。


国破れて山河あり。

私達が世を去っても、この土地は残っています。
後世に素晴らしい状態でこれらの土地を引き渡して行かなくてはなりません。



一部企業の寝言はいい加減にしてもらいく、それらを鵜呑みにする行政もまた愚かなものです。
「裏と表」しっかりとそれらを見て行く力を身につけなければなりません。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


愚かな政治家

2011/05/10 01:21
大震災を迎え、日本政府の危機管理能力が問われている。

指導力や指揮系統、情報の整理。

全て国の仕組が機能していない。


自らの利権、周辺の利権を優先させている場合か。
そのような権利の主張をしている企業はすぐにつぶれる。
それが大企業であろうがつぶれる。
それが自然の流れだ。


愚かな政治家達よ、本当に国の仕組をわかっているのだろうか。
仕組がわかっていないから、適切な指導も出来ず、危機管理も出来ず、情報の整理も出来ず、関係機関から信頼を得られず、国民からは見捨てられる。


愚かな政治家達よ、なぜこの国難に先輩方々から意見を聞くことをしないのか。教えをこう事をしないのか。
自らの人生経験のなかで処理出来ないのであれば、それらを経験した人達に聞くのが普通ではないか。
災害復興を行っている各行政機関も同様である。


先輩達の経験や知恵は、国の財産である。
その財産をなぜ生かさないのか。


戦後、先人を切って復興をしてきた人達の意見をなぜ聞かぬ。


愚かで奢っているから、いざとなった時に何も出来ないのではないのか。


お年寄りの言葉を聞くのは子供でも出来る。
それが出来ないのは子供以下だ。


この事をよく考えよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自然を相手にするという事

2011/05/10 01:09
農業は育苗を行い作付けをする。成長する過程はいろいろと人間が手をかけるが、成長は気候や天候に大きく左右されてしまいます。

漁業は、その時期の旬の魚群が漁港周辺海域にあらわれなければ不漁となる。これも天気や海流、海の温度が大きく影響する。

林業は、植林をしてから30〜70年の長きにわたり間伐や山の手入れ、木の手入れを行い、成長は木の自然に任せるというものです。


第一次産業に従事する人達は、自然の流れに身を任せ、その結果「豊作、不作」「豊漁、不漁」等となります。
林業に至っては手入れが出来ておらず、間伐すらままならず山が死にかけてしまっています。
山の貯水力も低下の一途を辿っていると言われています。

「努力、信念、忍耐」

これは自然相手に生活の生業としている第一次産業に従事する人達の通常の生活であります。

自然に身を任せる生活をしているから、1年間不作になっても生活が出来るように貯蓄や食料の備蓄を行い、日頃の生活を質素にしている。都会で生活をしている人々に比べるとその質素ぶりは明らかであるが、食料の素材だけは新鮮です。

努力:自然に身を任せるが、先人からの経験を生かし、その条件にあったやり方を行っています。

信念:自然と共存する事は、全てにおいて神事が関係してきます。豊作や豊漁を願う祭があったり、1年の終わりに豊作や豊漁に感謝をする祭があります。

忍耐:自然に身を任せるという事は、人間の思うようには行かないということです。自然に順応させる為に努力をし、その事に結果がでなくても「仕方がない」と次の期に移行したり、時期をずらし漁を行ったりします。


自然を相手にし生活をする事はこれらが不可欠なのです。
古来より日本に住んでいる血を引いている人達は、何か大きな災害や被害にあった時、本能的や血がこれらの反応をするのではないでしょうか。
世界的に見ても忍耐強く、未曾有の震災や津波があっても必ず復興をして来るという希望を世界各国が日本に持つイメージです。
このイメージは、戦後日本が復興をとげ経済立国になっているからに他なりません。焼け野原から立ち直った民族なのです。

隣の中国や南北朝鮮、アジア諸国、これらの国々は日本の手助けなくして近代までの復興はありませんでした。それだけ経済発展を遂げた日本がそれらの国々に様々な援助を行い、結果として復興をしているのです。

しかしながら、時代は変わってきています。
日本は常に世界の最先端を進み続けています。

少子高齢化、経済発展の終息、極度の省エネの実施等、例を挙げればキリがありません。


日本国民や企業にかけているのは「努力、信念、忍耐」です。


特に企業は、簡単に利益を出そうという結果、海外に進出していませんか?
外需に頼り、海外で生産するという事は日本の企業でなくても良いわけです。
そのような状況で、多くの電力が必要ですか?パチンコや無駄な食材を輸入に頼る外食産業や食料が必要ですか?

自国で生産出来るものをわざわざ輸入する必要があるのでしょうか?
特に農作物や木材です。
戦前、これらのものは全て自給自足でした。戦後、外圧がかかり結果的に輸入に頼らざる得ません。

日本は世界中に投資をしている唯一の国家であります。
その見返りは全くありません。
しかし、諸外国が自国の利益のみを優先し日本との共存や日本の国益に反する事を要求し実行するのであれば、その投資を止め自国に向けるだけの事であります。

日本は国難を迎えていますのでODAは必要ありません。
まずはODA予算を全て日本国内に向け、日本国内を復興させる事が不可欠です。

余裕があるからODAを実施する。
余裕がないのでODAを止める。
それだけの事です。

ODAを当てにしていた国々は自国やその国民が自立する為の努力を怠っていただけの事です。

地震や津波の被害を受けた地域を復興させるには、将来的にみて年間の国家予算ほどの費用が必要と見ています。
これは原発事故による移住や保証も含めての事です。

最低限これだけの費用が必要です。

この投資を数年で日本国内全体に行い、分野分担で復興の役割をはたせば、結果的に日本は経済的にも復興し、内需も拡大します。食料も自給で賄えるほど回復して行きます。


結果的に電力不足になるのは、国民や企業が国を守り国民を守ろうとする事を止めてしまっているからではないでしょうか。
中部電力浜岡原子力発電所は、津波対策の堤防工事が終わったとしても発電再開は出来ないかもしれません。
電力が必要だから、原子力でも発電所が必要な訳です。使う電力がなければ発電所は必要ありません。

その当たり前の事が出来なければ、使えなくなるのは当然の事であり、自然の流れであります。

日本経済の8割は内需で支えられています。
内需という事は日本国内で製造し、日本国内で販売し、日本国内で消費し、経済を循環させる仕組みが既に出来ています。
それだけ雇用があり、給与が生まれ、消費があります。

世界的に見ても自国で完結する理想な社会を、日本国民や日本企業が築き上げてきました。
しかし、それらを日本国民自らが壊そうとしているのは不思議でしかたがありません。


「自然の流れ」というもの、自然を相手にするという事です。
大震災が発生し、大津波が襲い、結果的にこのようになってしまったのも「自然の流れ」です。

自然と共存する事は、自然資源と共存する事でもありますが、自然の流れとも共存する事であります。


日本は本格的に省エネルギー方向へ転換しつつあります。
大きな発電所で電力を発電するという今までの流れは、原子力発電所の事故を踏まえ終わるのかもしれません。


既に、人間に全く害のない「水素」という物があります。
燃料電池で発電し、水素から排出されるものは人間が生きるのに必要な水です。

このような時期だからこそ、思い切った国策転換を行い、小さな地域や家庭単独で完結する発電システムなどを積極的に導入すべきです。

大金をかけて大きな発電所を作るよりも、助成金でこれらの設備を普及させ、水素を製造する設備や供給を行う拠点を設置するほうが、電力不足による混乱を回避する事が可能です。


永遠の資源である、木材の有効活用も必要不可欠であります。
スターリングエンジンという発電システムが世の中に存在しています。山間部では木材を有効利用するのにもってこいのシステムです。

このような自然と共存できる物に投資し整備してゆく事が、自然と共存し自然に身を任せる事ではないでしょうか。


水素が普及した時、日本は今よりももっともっと空気がきれいになります。
それに追従する国々が沢山出てきます。


利権や一部の人達だけが利益や収益を得る時代は終わりました。


自然の流れとは、自然と共存してゆく事とは「努力、信念、忍耐」であります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「国益」ブログ

リンク集

誠心館 美国塾 国益のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる