アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「大和民族」のブログ記事

みんなの「大和民族」ブログ


国の始まり

2014/05/25 23:54
日本の歴史を知る上で、日本がどのようにして誕生したのかを学ぶ必要があります。

この歴史を学ぶ上でとても重要な書物が「古事記」や「日本書紀」です。

私は社会の歴史で縄文時代からの歴史を教わってきました。
これは、遺跡発掘等から紐解いた結果の歴史であり、以前から語り継がれていた歴史でない事は明白であります。
遺跡は、あくまでも当時の人達が暮らしていた「遺跡」でありますので、歴史としてはさほど重要でないと考えます。

それよりも、国の始まりがどのようであったのか「神話」を学ぶ事が重要です。

なぜならば、日本は世界の中で最も古い国であり国史紀元から2600年以上を経過している唯一の国であるからです。

紀元前600年以上前から一つの国として存在している国は世界を見渡しても何処にもありません。


日本に比較的近い国があります。
ヨーロッパのギリシャです。

ギリシャでは「ギリシャ神話」と呼ばれるものがあり、今でも語り継がれています。

日本では「古事記」があるにも関わらず、今の教育ではそれを語り継がれる事がありません。


これは、戦後の米国の植民地政策により、大和民族を凋落させる政策の一つとして、民族の歴史を教えないという事をしてきたらかであります。

一つの例を挙げてみます。
隣の中華人民共和国では「中国四千年の歴史」等とテレビ等で言われていますが、かつては「二千年」でありそれが誇張されて四千年になっている今があります。
それでは、中華人民共和国が四千年の歴史があったかというと、そういう訳ではなく日本でいう戦後に様々な内紛がありその結果今の中華人民共和国が誕生しています。

三国志などで知られていると思いますが、幾つの国家が戦を繰り返している歴史があるのです。

確かに、大陸から様々な物は伝わってきたとの歴史上の記述が残っていますが、それ以前に日本独自の様々な物が既に存在しており、それが原点となって今でも日本人の生活習慣を支えています。

簡単に周辺国との比較をしましたが、国名が変わらず単独で国家として長きにわたり継続している国は、日本国だけだという事を、歴史として子供達に教えて行かなくてはなりません。


どのようにして日本列島が生まれたのか。
古事記にはしっかりと書かれています。
古事記に書かれている神様は、今でも日本を支えている神様であります。

これは日本人の原点であり、歴史であり、国の始まりであります。


日本人としての「心」を学ぶ上において、国の始まりを学ぶ事はとても重要な事なのです。
それに気付く事が、今の日本人にとって大切な事です。

他のサイトやブログでは、戦後の歴史認識などをよく題材として取り上げますが、そのような専門的な事はそれぞれの方々の方が詳しいのでお任せしたいと考えております。


誠心館美国塾は、あくまでも心を学ぶ事を原則としていますので、これからもそれに関連する事を中心に記事として取り上げたいと思います。

画像



本日は、東京都世田谷区にあるJRAの馬事公苑の記念碑に「皇紀二千六百年」という表記を見て、感じた事を記事にしました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


区切り

2014/03/16 06:02
今年は2月に先祖供養があり先祖の一人が100回忌を迎え無事に先祖供養を終える事が出来ました。
100回忌を迎え、この先祖供養は一区切りとなります。

もう一人の先祖は97回忌で、遠い親戚と一緒に供養をしています。
こちらの先祖も数年後には100回忌供養となり一区切りとなります。

古い先祖の供養をしていると、お寺のお坊さん達はあまり私達に説法を解く事もなく、当たり障りのない世間話をして供養に入る事が多いです。

様々な宗派のお寺でお経を唱えてもらっていますが、お坊さんの話を聞いていると33回忌位から先祖供養をしている人が殆どいなくなるとの事です。

自分を育ててくれた両親の供養はするのですが、その本人も亡くなってしまうとその子供達は子供達のおじいさんとおばあさんの供養をする事は殆どないとの事です。

その境が大体33回忌だそうです。



3月に入り、祖父母の眠る自宅から比較的近いお墓と少し離れた寺墓地に春の彼岸の墓参りに行ってきました。
自宅から近いお墓は例年に比べると今年は冷え込み寒い墓参りで、訪れる人達も少なかったです。

寺墓地では丁度檀家がお坊さんにお経を読んでもらっている最中で、数人の人達が墓参りに来ていました。

墓石に水をあげ、お線香をあげ 「いつも元気にしていますので早く成仏して下さい」と挨拶をしてきます。
時間にして15分位でしょうか。
いろいろと相談をしてしまう人もいるかもしれませんが、私の場合は先祖がこの世に未練を残さずに早く成仏してもらいたいという気持ちがあるので、このような挨拶だけになってしまいます。

しかし、挨拶に来る事で先祖達は「元気でやっているな」と分かると勝手に思っています。

お墓の掃除をする時はもっと時間がかかりますが、この時期は草むしりなどの作業がないので早く終わります。


ここで肝心な事は、多くの滞在時間ではなくお墓参りに行くという事です。

参るという言葉は、行くの謙譲語です。先祖に経緯をはらっているから参るなのです。
それだけ私達にとって大事な行為であります。


今の私がいるのは、先祖供養をしている仏さんすなわち先祖だった人がいるから存在している事を忘れてはなりません。

春と秋の彼岸、そしてお盆は出来る限り墓参りをして行きたいと思います。
それが日本人であり大和心だと思うからです。


神様も大事ですが、先祖の仏も大事です。
この両方を敬う事が出来るのが、日本人であり大和民族であると思っています。


100回忌の供養をしてもらう先祖はあまりいないと思いますが、私は、私の子孫にもこの尊い行為を教え伝えて行きたいと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポール・リシャール

2013/12/30 00:36
平成25年も終わりを迎えようとしています。
私的にも様々な事があった1年でありました。

政権が代り、数年前よりこのブログで記事として取り上げていた内容が少しずつ現実となってきました。
これからの日本を見据え、様々な制度や仕組みがこれから変わってゆくものと予測されます。

少子高齢化を迎え、日本の様々な産業で若い人が不足する傾向が出てきています。
特に景気が良くなると物の動きが活発になってきますが、これらの生命線である物流でかなりの人手が不足している現実があります。

農業等の第一次産業だけではなく、製造業を含む全ての産業でこれから若い人達が少なくなった影響を受け、戦後以来続いてきた人口も少しずつ減って行っております。

人の活用は不可欠ではありますが、65年を定年として働く事を止めてしまうのはもったいないと思う事もあります。
人は生きている限り生涯現役である事が望ましいと私は考えております。
隠居といっても、人に役立つ隠居でありたい。
その為には自らの命が無くなる直前まで働き続けたいと考えています。

日本の田舎では80歳になっても田畑に立って現役で働いている百姓も多くいます。
私はそれらの先輩を尊敬しています。

これからは若い人も年配者もそれぞれの役割をもって働く事が出来る社会が、世界的な手本になると予測します。
日本は世界に先んじて超高齢化社会を歩みつつあります。

年配者は若者に支えれるだけでなく、自らも一緒になって社会を支えなくてはなりません。



さて、ここのところの日本の流れを見ていますと、少しずつ本来の日本人のあり方や考え方が表に出て来ている事に気付かされます。

世論の誘導はつい最近までは新聞やテレビなどのマスコミを中心としたものでありましたが、ネットの普及によりマスコミが一方的な情報を流して世論誘導していた事が国民に判ってしまい、その結果、テレビを見る人が減り、新聞を購読する人が減っていっております。
マスコミ各社が戦後から行ってきた売国奴行為のツケが今になって回ってきただけのことであります。

国民は自らが正しい情報を掴み、日本国にとって何が正しく何が間違えているのかを、本来日本人が持つ大和心で判断をしなくてはなりません。

その為には正しい事を正しいと判断できる心を養う事が必要であります。

平成26年も、心を養う為にの誠心館美国塾でありたいと思っております。



愛国心が出てきていますので、
このような時にはポール・リシャールの「告日本国」の一文を読む事で、他国から見た大和民族と日本国がどれだけ恵まれた国であったかという事がわかる文章がありますのでご紹介致します。


曙の児等、海原の児等

花と焔との国、力と美との国の児等

聴け、涯しなき海の諸々の波が

日出づる諸子の島々を讃ふる栄誉の歌を

汝の国に七つの栄誉あり

故にまた七つの大業あり

さらば聴け、其の七つの栄誉と七つの使命とを


一、
独り自由を失はざりし亜細亜の唯一の民
貴国こそ亜細亜に自由を与ふべきもの 

二、
かつて一度も他国に支配を受け
従属していない世界で唯一の民
全ての世界の支配を受けている民の為に
起つはあなた方の任された役目である

三、
かつて一度も亡びていない唯一の民
全ての人類の幸福の敵を亡ぼすのは
あなた方の使命なり

四、
新しき科学と旧き知慧と、
欧羅巴の思想と亜細亜の思想とを
自己の衷に統一せる唯一の民
此等二つの世界、来るべき世の
此等両部を統合するは汝の任なり

五、
流血の跡なき宗教を有てる唯一の民
一切の神々を統一して更に
神聖なる真理を発揮するは汝なる可し

六、
建国以来一系の天皇、
永遠に亘る一人の天皇を奉戴せる唯一の民
汝は地上の万国に向かって、
人は皆な一天の子にして、天を永遠の
君主とする一個の帝国を建設すべきことを
教へんが為に生れたり

七、
万国に優りて統一ある民
貴国は来るべき一切の統一に貢献せん為に生れ
また汝は戦士なれば、
人類の平和を促さんが為に生れたり


曙の児等、海原の児等
斯く如きは、
花と焔との国なる貴国の七つの栄誉
七つの大業とな

(所収「告日本國」大川周明訳 内外維新研究所刊)


日本人は戦後、高度成長経済を迎えるにあたり、
世界銀行から多額の融資を受けてきました。
その融資の全てを返済したのは平成2年でした。

それから日本は今まで融資を受けた事に対しての恩返しもあり
多くの後進国に対し多額の円借款や技術援助、公共インフラの整備、教育支援などを行ってきました。

大規模な自然災害が発生した国があれば、直ぐに友として支援を行い、
先の東日本大震災で日本が被害を受けた時には、多くの国々が日本に対し支援や寄付を募って頂いた事は記憶に新しいところであります。


日本は、万一系の天皇陛下と国民が共に神々様からの恩恵を受けると共に、日本人の生活規範である神道と道義道徳と共に暮らして来た歴史があります。
その歴史を日本人は見直し、国や民族として誇りを持ち、世界に為に役立ち手本と成る国であり民族でなければなりません。

その為に一人一人が、道義道徳を身につけ、目先の利益や私利私欲を追わず、天然自然と共存する営みをなしつつ、最先端技術と歴史と伝統文化を融合させる事が出来る、唯一の民族だと思います。

平成26年度は、ポール・リシャールが日本人の為に残してくれたこれらの言霊を実践する年になる事を望みます。


平成25年は、私にとっても様々に試練の年となりましたが、試練を経験した事で多くの事を学び得る事が出来ました。
皆様にとって、今年はどのような年でしたか?


この記事をもちまして、今年の記事は終了致します。

「誠心館美国塾」にお越し頂き有難う御座います。

平成26年も、「誠心館美国塾」を宜しく御願い致します。








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


戒めの言葉

2013/11/18 02:47
耐えがたきを耐え

忍びががたきを忍ぶ

そして時が来るのを待つ


平成25年11月18日
誠心館 美国塾 塾長
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハインリッヒの法則

2013/11/05 23:03
今日はいつもと違い変わった話題を取り上げます。

表題の「ハインリッヒの法則」とは、

1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。

労働災害が発生した際にはよくこの法則が使われています。



これを人間関係に置き換えてみると、300の違和感と29の些細な争い、1つの大きな喧嘩や争いとなります。

300の違和感とは、「この人は何を言っているのだろう」「この人は何を考えているのだろう」「なんでこのような事を言うのだろう」という、日頃からの人付き合いの中での素朴な疑問や思いがあるという事です。

そのうち、心にゆとりがなかったり、夫婦喧嘩をしたり、虫の居所が悪かったりした時にこのような事を思うと、その思いが強くなり小さな爆発が起きて、些細な口論になってしまうかもしれません。


最後の延長上に、恨み辛みのある喧嘩や争い、最悪の場合は裁判沙汰にまでなる可能性もあります。


人間関係でハインリッヒの法則を使うのは違和感があるかもしれませんが、ものの例えとしてこの法則を用いていました。


些細な事かもしれませんが、特に「物の言い方」については争いを招く種になりがちです。
自分が正しいと思っていてそれを相手に伝えるにしても、その手段や方法、物の言い方を気をつけないとその正しさが正確に伝える事も出来ず、返って恨みを買ってしまう事になりがちです。

特に相手の事を思ってやった行為でも、全く同じような事になるかもしれません。


人間関係を円滑にするには、日頃からの気遣いや思いやりが重要だとつくづく感じます。

このような事は、大和民族である日本人が本来得意としている分野でありますが、近年では大和心が失われつつあり、気遣いや思いやりが抜けがちであります。



さて、最近は今まで隠蔽されていた様々な事が明るみに出ています。
これから更に様々な分野で明るみに出て来ると予想しています。

人はこれを見て、何を信用しどうしたら良いのかを真剣に考え行動する時が来ると予測します。

日本人は「食べ物の恨みは恐ろしい」という言葉の通り、諸外国から何をされても食べ物の事で様々な事の被害を受けるとその怒りや報復措置は尋常ではありません。

これは日本人が大切にしている「信用や信頼」という心から信じているものについて、裏切ったり傷をつけてしまうからです。

そうなってからではもう手遅れとなります。


長年築き上げてきた信用や信頼は壊してしまうのは一瞬であります。しかしそれを取り戻すにはそれ相応の努力をし続けなければなりません。

日本人や日本の企業は、いつから目先の利益のみを追い求めるようになったのでしょうか。
利益があるのは世の中の為に役立だつ「利」があるのでその結果として「益」がついてくる事を忘れてはなりません。


私達の心の「ひやり」「はっと」を無くす事で、これらの事を防ぐ事は可能であると思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


掃除

2013/10/28 01:39
今回の記事は掃除です。

日本では小学生から高校を卒業するまで掃除をやってきています。

その中で何を得る事が出来るかというお話です。


最近、海外に在住する人達から日本の町はゴミが落ちていなく綺麗だという声を聞くことが増えています。

しかし、日本人からすると「ゴミだらけ」に見えるのです。


地域によっては日頃から自宅以外にも自宅周辺のゴミ拾いや落ち葉拾いをやっていて環境美化に努めている人達も多くいます。
毎朝会社周辺の清掃活動行っている企業も多くあります。


学校に通っていたときは掃除当番があり、掃除がいやだった人も多かったはずです。
しかし、その中で掃除の仕方を身体に染み込ませ、掃除をする時に何事もなくほうき握ってゴミを掃いて、ちりとりでゴミを集めて行きます。

掃除をしなさいという指示の元に、誰もが当たり前に掃除をする事が出来るとういう環境が、日本文化の良い部分なのだと思います。

掃除をしていると、その場所が綺麗になって行く事が目に見えてわかります。
すると次に掃除をする時には少しずつ今まで気が付かなかった小さなゴミが目に付くようになり、それを掃除して行きます。
そのような事を繰り返していると更に綺麗になって行きます。


共働きの世帯では自宅を頻繁に掃除をする事が少ないと思いますが、それでも自宅を綺麗に維持している人も多いはずです。このような人達は町中でのポイ捨てをする事も少なく、それぞれにあるゴミ箱へゴミを入れる人が当たり前なのでしょう。


掃除をしていると本当に細かい事に気が付かされます。
仕事をしっかりとする企業は、職場も大変綺麗で仕事もしっかりと行います。
大企業も町工場でも床は作業をする前はゴミが落ちている処は少ないはずです。
逆に、日頃からゴミが多く落ちている企業は、仕事もぞんざいなのだとそのように感じます。

仕事場のゴミが落ちている量の少ない企業は、仕事中の事故も少ないと感じます。
それだけ些細な事に気を配り、自分たちの日頃の行動でも無意識のうちに細かな事に気をつける習慣が身についているからです。


小学校から始まる掃除。
結果的に自分が世を去るまで掃除をする事になります。

自分の関わる環境を綺麗にする事で、悪い物も一緒に集めて捨ててしまおう。そのように感じる事もあります。

掃除は日本人の美徳とするとても重要な活動です。

自分達が何気なく行っている当たり前のような掃除。それを冷静に客観的に見ると記事にしたような内容にもうなずけるかと思います。


縄文時代の遺跡を見ると、しっかりとゴミ捨て場の遺跡が残っています。
その時代から日本人は掃除をしていたのかと思うと、文化というのは長きにわたる日常生活の積み重ねだという事が判ってきます。


世界中を見渡すと衛生管理という概念が全くない地域も多くあります。
掃除をする事で、衛生管理も行い病気も少なくなり、健康な身体でいる事が出来る。

お金を極力掛けずに健康を維持できる活動の一つが掃除です。


日本以外でも掃除をするという文化が世界に広がる事を望みます。


それぞれの人がそれぞれの問題や課題を持っていると思いますが、掃除から学ぶ事が出来る道義もあるはずだと強く感じました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋の彼岸

2013/09/24 01:49
久しぶりの更新となります。

秋分の日の前後3日間が秋の彼岸と呼ばれています。

3連休の初日に、墓参りに行ってきました。
お墓は有名観光地にありますので、連休もありかなり混雑していました。お墓も彼岸という事もあり、多くの人達が墓参りに来ていました。

今年は、暑すぎたのか雑草が伸びるよりも水不足で枯れてしまっており、例年に比べると草取りが楽に済みました。
日頃は海風が遡ってきて風が強いお墓なのですが、当日は風も弱くお線香の着火も簡単に終りました。

先祖には、元気で暮らしている旨を伝え、お墓を後にしました。




さて、政権交代してから少しずつ日本の本来進むべき方向に進んでいるような感じです。

今まで、世論誘導されていた世の中が、ネットの普及によりその事が直ぐにばれてしまい、正しい情報が正確に伝わる速度は著しい発展を見せています。

このブログでも記事に取り上げてきました内容が、より具体的に現実になっている事象も多くあり少し安堵しているところであります。

ネット上では特に悪い行いをしていたり、国を陥れようとする行為や言動について、直ぐに表沙汰になるような時代になって来た事は大変良い流れだと思います。


最近、気になる事があるのですが、新聞やテレビ等で政府が正式発表をしていないのにもかかわらず、さも正式に発表をしたような事をこぞって取り上げている件が増えている事です。

消費税等の税に関する事は、安倍政権はまだ公式な答えを出しておらず、10月に入ってから安倍総理の責任において決める事を事前に公表しているにも関わらず、世論誘導をしているマスコミの行動には疑問が残ります。

最近の日本全体の一連の流れを見ていますと、
 ・不正が表沙汰になる。
 ・売国奴があぶり出される。
 ・えせ愛国者の正体がばれる。

この流れは以前よりも強くこの傾向が続くと思いますので、この流れで国がよい方向へ進んで行くことを望みます。



街を歩いていると、高齢者が増えている事に気づかされます。
地方にいる時は周辺が高齢者しかおりませんでしたの気になりませんでしたが、都心部においては地方にも増して高齢者が増えており、本格的な高齢者社会が到来した事を感じます。

高齢者が増える事は、定年退職者が増え、企業の労働力が少しずつ減少して行く事にもなります。
新聞の求人広告を見ていますと、景気が良くなっている分野が頻繁に求人をしています。
しかし、自動車会社の工場などで働く期間従業員は、長期に渡る募集をしているようなので、求める人材を確保するのに苦労しているようです。

大手航空会社も客室乗務員を新卒で正社員採用する事が発表され、これからは企業同士で労働力と優秀な人材の奪い合いが始まると予想しています。


今までは、人口が増え、生産も増え、売り上げも伸びる。そのような世の中の産業構造になっていましたが、これからは少ない若い労働力で多くの高齢者を支える社会に変わって行きます。

それには少ない労働力で大規模な生産が出来る産業構造に変える必要に迫られます。

これは、製造業などだけではなく、一次産業などの農林水産関係を含め、全ての産業が当てはまる事になります。

労働力を補う為に移民を受けいれる事を推薦する人々がいますが、そもそも日本は単一民族で繁栄する為に、ユーラシア大陸から地殻変動で切り離され、今日の日本列島が生まれた歴史的経緯があります。


隣の半島の人々や国の姿勢、隣の大陸の国の姿勢を見ていると、このような民族や人々を受け入れる事は、2700年以上続いた日本文化を潰すきっかけとなってしまいます。ただでさえ、戦後のさまざまな植民地政策により日本は文化精神的に骨抜きにされてしまい、今日の日本になってしまっています。


移民を受け入れた結果、スウェーデンやオランダ等では元々暮らしていた人々と移民による衝突が起きてしまっており、国体を維持するのに大きな問題となっています。特に宗教の違いによるものは、根本的な考え方が違いますのでこれを相容れる事は、事実上不可能だと考えます。

これを反面教師に、これから更に進む人口減少に対する対策や仕組、仕方を作り上げて行く必要があります。


秋の彼岸は、日本人の先祖を尊ぶ心であります。
この文化を大切に、これからも良い日本になるように皆で築き上げて行かなくてはなりません。
先祖は、私達子孫が平和に仲良く暮らす事を望んでいるに違いないからです。








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


誇り

2013/03/05 21:39
大和民族として生まれてきた事に誇りを持つ事。



世界に出て行く日本人の皆さん。

大和民族として生まれてきた事に誇りを持って、正々堂々とその役目を果たして下さい。

世界の人達は、その姿を見て日本人から大切な事を多く受け取る事になります。



「ありがとう」という言葉。

これから世界に広がって行きます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


大和民族としての心

2010/10/03 22:55
太平洋戦争の終戦を知らせる玉音放送が流れてから66年が経過しました。

これから、事実を話します。

現在、日本は様々な意味で国難を迎えています。
幸いにして、渋谷で尖閣諸島を巡るデモが行われ多くの方々が参加されたとの事です。

日頃は冷静で大人しいと世界中で言われている日本人ですが、いざとなった時の行動の恐さは
日清戦争、日露戦争、太平洋戦争で対戦した諸国が一番良くわかっているはずであります。

今日、日本経済が発展し私達が平和に暮らす事が出来ているのは、当時日本を守る為に戦死した方々の御陰です。それを忘れて、国難にもかかわらず自国の事を他国を見るような目線で見ている人達を見ていると、本当に日本人であるのかを疑うところであります。

なぜ、日本の領土が侵食されているのにもかかわらず黙っているのでしょうか。
尖閣諸島や竹島等はその良い例です。
それぞれの国の言い分や国内の政治情勢などが大きく影響していると思いますが、そろそろ大和民族であれば怒るの当然であり、それが最終的に戦争に発展したとしてもそれは仕方のない事です。

このような日本では、過去の戦争で国の為に亡くなられた人達は浮かばれません。
未だに戦争を終えていない人達がいます。
それは、未来の日本の為に戦争で亡くなられた人達は、未だに成仏できず仏になっても英霊として国を守り続けていると言う事です。

硫黄島で手を振る旧日本軍兵士を見かける事があったり、上官の言う事は天皇陛下の言う事というので、未だに命令を遵守し続ける英霊がいると言う事です。


硫黄島守備隊総司令官・栗林忠道大将の辞世の句
「国の為 重き努を 果し得で 矢弾尽き果て 散るぞ悲しき」

今生天皇 御製 平成6年硫黄島にて
「精根を 込め戦ひし 人は未だ 地下に眠りて 人は悲しき」

天皇陛下がこの御製を御読みになられた後、硫黄島では様々な不思議な現象が納まったと言われています。


人それぞれ出来る事は限られていますが、国を思う心がなければ国が復興するわけもなく、このまま堕落した日本になってゆく事になります。

日本を愛し、守る事、そして次の世代に美しい日本を残し続ける事が、今を生きる日本人としての勤めです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「大和民族」ブログ

リンク集

誠心館 美国塾 大和民族のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる