誠心館 美国塾

アクセスカウンタ

zoom RSS 五輪を終えて

<<   作成日時 : 2014/02/28 04:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、友好国である米国が日本に対して敵対的なコメントをしているケースが見受けられます。
米国のマスコミによるものでしたら、所詮買収されているだけですのであまり気にする事もありませんが、政府筋や米国大使が実際に言葉を発しているようでしたら大きな問題となってしまいます。

米国の現政権は民主党であります。
過去に日本に戦争を仕向けたのも、原爆を落とす許可を出したのも民主党であります。
更に現在の日本の原発の再稼働について闇に反対に仕向けたのも米国の民主党であると言われています。
現政権はその事をわかっているので再稼働を進めています。

日本国民はこの事を忘れてはなりません。


ロシアのソチで実施されました冬季五輪が開催され無事に閉幕されました。
オリンピックの競技の結果ばかりに目が行きますが、ここで注目をすべき事は、日本とロシアとの関係です。

現政権は日本との良好的な関係を望んでおり、現政権になってからその関係は急速に進んでおります。
北方領土は本来日本の国土でありますが、将来、実効的に支配をするのであれば、現在も住民が在住している事もあり、共同開発等を行いつつ、エネルギーなどの資源も確保しつつ、サハ共和国等のシベリア方面を含めた包括的な協力関係を築く事が不可欠です。

また、日本側の窓口として秋田や青森、北海道等の港を活用して貿易を盛んにする必要があります。

安全保障の分野でも重要であります。
ロシアは日本との安全保障条約を本音では締結したいと考えております。日本と米国との関係がありますので、それに踏み込むのは日本政府としても慎重にならざる得ません。
しかし、米国とロシアでは圧倒的にロシアの方が近く、またシベリア地方は首都のモスクワからもかなりの距離がありますので、日本との安全保障を締結すればロシアの安全保証の観点から見ても有効であります。
日本の国の姿勢が、ロシアを安心させるものでもあります。


今日までは太平洋側が栄えてきました。
日本海側は、大規模な開発が入らなかった事もあり農業や地場産業が中心となっています。
しかし、ロシアとの貿易が増える事で、日本海側の特に東北北海道方面では新たな産業が増える事が予測されます。


世界的な安全保障の観点から、日本とロシアが今まで以上に有効(友好)な関係を築く事が必要です。
それにより、米国が自らの利益だけを優先して事を実施する事が難しくなるからです。


日本は、日本という孤高の立場がある事を決して忘れてはなりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク集

五輪を終えて 誠心館 美国塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる