テーマ:習慣

中秋の名月(お月見)

今年の中秋の名月は10月3日で、満月は10月4日でした。 中秋の名月は、その年によって移動するのですが、お年は土日となり全国各地で中秋の名月を愛でる行事が行われた事でしょう。 地球と月は、引力で互いに影響しあい、地球上に関わる全てのものが月の影響を受けていると言われております。 この日は地球と月が一番近づく日と言われており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代よ再び

海外では日本の江戸時代が注目を浴びています。 イギリスで歴史を変えた人物の中に「徳川家康」が選ばれました。 関ヶ原の戦いでの勝利の仕方や、その後の日本を統一し武力を縮小させ 国内での戦をほぼなくした事がその理由です。 世界各国を見渡しても300年もの年月の間、戦争や争いのない国は日本だけでしょう。 その他の国は侵略や占…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六つ躾、九つ言葉

前回に引き続き、江戸時代の教育について記事を書きます。 3歳から6歳は現在でいうと幼稚園の教育の時期にあたります。 幼稚園では歌を歌ったり、踊りを踊ったり、絵を描いたりと、集団生活と共に様々事を吸収する時期でもあります。 難しい言葉に置き換えると、6歳になるまでは、心の教育を中心に、体の動きと自分自身の考えを行動に移す為の動作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三つ心

最近は、江戸時代の習慣や仕草を記してある書物を読む事が多いです。 その中に「三つ心」というものがあります。 江戸時代の幼児の教育方針が此にあたります。実際には15歳位までの方針があり今で言う中学校までです。 それを超えると大人と同じ扱いになります。 さてこの三つ心とはどのような事なのでしょうか。 人は成長する段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆のいわれ

地域によってお盆の時期は違いますが 7月13日~16日がお盆とされています。 この時期にお盆休みを取るのは西の地域が多いようです。 東の地域は、8月13日~16日あたりに実施されています。 さて、お盆の由来はどのようなものなのでしょうか。 提灯ドットコム様より引用させて頂きました。 http://www.chout…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お隣の国 韓国

最近の韓国のイメージは「ヨン様」や「文句が多い」等ですが、実際はどのような国であったかを出張で見たまま、感じたままを書いてみます。 出張当日、アメリカで悲惨な銃による大量殺人事件が起きました。 大変残念な事でありますが、韓国でも大きく取り上げられていました。 空港や地下鉄ホーム、駅やバスターミナルの様々な所でテレビドラマや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結い(ゆい)

ボランティアを日本語にするとこの言葉になると思います。 「結い」(ゆい)です。 「結い」を辞書で調べてみると次の通りです。 ・結うこと。 ・田植えや屋根替え、一時に多くの労働力を要する仕事をする際に、互いに人手を貸し合うこと。 平成19年3月25日に能登半島で大きな地震がありました。 その日だけで地域の役場へ「手伝い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「良い仕草」

前回は「悪い仕草」の話をしましたので、今回は「良い仕草」のお話をします。 最近では、この人を見習おうと言うような「良い仕草」をしている人が少なくなりました。 「良い仕草」の出来る人は 目配り・気配り・心配り の出来る人だと思います。 どんな所でも些細な事でも、周りに不愉快な思いをさせず気遣いの出来る人が該当します。 狭い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悪い仕草」

最近、「仕草」という表現が使われなくなりました。 少し前までは、「良い仕草」「悪い仕草」など言われておりました。 「仕草」を辞書で調べてみると次の通りです。 ある事をするときの態度や表情。また、やり方。 人は知らず知らずのうちに、本人にしかない癖や仕草をしてしまいます。 それが、良いものもあれば悪いものもあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尋常小学校 修身書 「祖先」

春の彼岸です。 皆さんはご先祖様を大切にしていますか。 本日は、春の彼岸にちなみ尋常小学校修身書の「祖先」をご紹介します。 「祖先」 徳川吉宗は、家康をまつってあるお宮に参る日には、どんなに、雨が降っても、きっと参りました。 また、ある年、家康の誕生日に、家来を集めて、祖先の手柄を、話して聞かせました。 祖先を、尊ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七草/七草粥

1月7日は「七草」です。 一般に七草粥を食べて1年間の無病息災と正月のご馳走で疲れた胃腸や腸類の調子を整える目的もあるとの事です。 平安時代にはこの「七草」を食べる習慣があり、現在と違い1月15日に食べていたとの記録が残っているようです。 江戸時代に一般庶民もこの「七草粥」を食べるようになったと言われています。 七草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more