テーマ:文化

紙芝居

先日、世界に広がる日本文化を紹介している番組で紙芝居が紹介されていました。 スペインの美容院に勤めている主婦が、わが子の教育の為に何か良い方法はないかと言う事で、たどり着いたのが紙芝居でした。 紙芝居の内容は、日本の神話や昔話を題材にしている物が多く、スペインでは、紙芝居のような人に対しての思いやりであったり、良い事や悪い事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中秋の名月(お月見)

今年の中秋の名月は10月3日で、満月は10月4日でした。 中秋の名月は、その年によって移動するのですが、お年は土日となり全国各地で中秋の名月を愛でる行事が行われた事でしょう。 地球と月は、引力で互いに影響しあい、地球上に関わる全てのものが月の影響を受けていると言われております。 この日は地球と月が一番近づく日と言われており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝統文化、技術の継承について

技術が進歩するにあたり、古くから伝わる文化や技術の継承が難しくなってきました。 最先端技術は、特に工業では化石資源や燃料を用いる事で成り立っている事例が多くあります。 しかし、いずれこれらの資源や燃料の使用が難しくなって来たと時に、古くから伝わる技術が再び必要となる時代が来ます。 皇室の中では古くから養蚕や田植え等が行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お休みのお知らせ

「大和塾」 大和の国 (日の本)の民として にお越し頂き有難う御座います。 ブログを立ち上げてから2年3ヶ月程の年月が経過しました。 この間に日本は大きく変化をして来ており、 平成21年度も昨年以上に変動の年を迎えようとしております。 また、前後の世の中の動きを基にして私なりの見解を記事にしておりましたが、 現実にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本文化を取り戻す

以前にも記事にしましたが、 「日本文化」についてお話を致します。 日本は、明治維新の後「文明開化」と共に西洋の文明を取入れ現在に至っております。 しかし、「文明」が入ってくると同時に日本古来の「文化」が失われていってしまっております。 最近、少しずつではありますが江戸時代の文化や生活習慣を題材にした書籍の発刊が増えてきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の進む道 その10

シリーズ「日本の進む道」を久しぶりに書いて見たいと思います。 日本は、世界の最先端を進んでいると言う事は様々な記事で書いている事です。 日本人はそろそろ、自分達の国の文化の素晴らしさや、先祖や過去の先人が培ってきた 知恵を再び生かす時が来ています。 日本は国史紀元2796年を向かえ世界で唯一の単独による最長の国家を形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本主義」

民主主義とは、権利の主張が中心となっております。 多数決による採決が行われているのが特徴です。 米国等は国としての歴史が浅い為に常に仮想敵国を設定し、その目標を叩くという事を今まで行って来ました。 現在でも湾岸地域でその続きが行われておりますが、これは正義ではないと言う事は誰もが気づいている事だと思います。 権利の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国語」

今年最後のテーマは国語です。 数年後に小学校高学年より英語の必須科目になる予定です。 これは、以前にも記事に載せましたが 「日本語を満足に会話し、用い、話し、使いこなせない」のに他国語を必須にするのは明らかに間違いです。 「国語」は日本人が生活をして行く上で日常的に用いる言葉です。 この言葉を旨く用いる事が出来ず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自信」

この国はいつから「自信」がなくなってしまったのでしょう。 文化や言葉、習慣などは世界の国々に比べ遥か先を進んでいる事に気づかなければなりません。 先日「優しい」という言葉を題材にあげましたが、日本人とは「阿吽の呼吸」や相手の間合いや考え、面子や立場などを考え言動を起こす世界で唯一の民族です。 よく、「曖昧」や「優柔不断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉入浴

日本ではごく当たり前にあちらこちらに温泉がありますが、これだけ温泉の多い国はありません。 隣の国「台湾」「韓国」等は若干の数がありますが、日本とは比べものにならない程少ないです。 欧州では温泉を医療目的に使われており、日常生活の利用とはかけ離れています。 イングランドの「バース」では古代ローマ帝国時代(今から約2000年前)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周辺国の日本大衆文化の導入

日本の大衆文化が周辺各国へ少しずつではありますが浸透し始めてきております 中国の大都市の上海では、日本の芸能プロダクションなどが中国進出に力を入れています。 今、日本の若い歌手は日本だけに留まらずアジアへ進出をしております。 つい最近も日本を代表する歌手が上海でコンサートを開いて大成功を収めたとの事です。 文化が導入されるに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明文化」

日本には文面になっていない、古くから伝えられている物がたくさん有ります。 「神社神道」「躾」「道徳」「道義」など、これは日本人として当たり前の事として事でしたの文面にする必要がなかったと言われています。 海が突然二つに割れて道が出来る事で有名な「モーゼの十戒」は、「盗みをするな等」当たり前の事が出来ないが上に戒めとして明文化され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルヴィン・フォン・ベルツ博士

エルヴィン・フォン・ベルツ博士は、ドイツにて日本人留学生を治療した事から日本と縁を持つようになり、明治9年に日本へ医師として来日しました。 当時の日本は文明開化途中であり、明治政府が西洋文明輸入政策をとっていました。 その戦陣を切っている人々は今まで過ごしてきた自分達日本の歴史や文化を軽視・否定し、 西洋文明をありのそのまま受…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「生きてゆく事の教育」

このブログを設立して3ヶ月が経過しました。 この短い期間の間に、この国の現在まで隠れていた「歪み」が表面化してきております。 特に教育現場における問題が表面化してきておりますが、 「いじめ・自殺問題」につきましては、まだまだ出てきそうな感じがします。 今一度、考えなければいけないのは、根本的な原因をよく考える事です。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「朧月夜」

最近になり、日本の唱歌や童謡が注目を浴びてきています。 現代の人々が日本人らしさを求めるのに、このような唄を聞くことで何かを感じる事でしょう。 今回は曲の奏でるメロディーが素晴らしい「朧月夜」を紹介します。  朧月夜  菜の花畠に 入り日薄れ  見渡す山の端 霞み深し  春風そよ吹く 空を見れば  夕月か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「定刻」

「定刻」という言葉を耳にする事があると思います。 JRの新幹線や在来線の特急・急行などに乗車をした時に聞く言葉です。 寝台列車に例えると「この列車は特別寝台急行、○○号です。ただいま○○の駅を定刻通りに出発致しました」と車掌より案内があります。 「定刻」=「定時」 日本の鉄道は殆どが数秒も遅れずに発着しています。 よく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more