テーマ:復興

愚かな政治家

大震災を迎え、日本政府の危機管理能力が問われている。 指導力や指揮系統、情報の整理。 全て国の仕組が機能していない。 自らの利権、周辺の利権を優先させている場合か。 そのような権利の主張をしている企業はすぐにつぶれる。 それが大企業であろうがつぶれる。 それが自然の流れだ。 愚かな政治家達よ、本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然を相手にするという事

農業は育苗を行い作付けをする。成長する過程はいろいろと人間が手をかけるが、成長は気候や天候に大きく左右されてしまいます。 漁業は、その時期の旬の魚群が漁港周辺海域にあらわれなければ不漁となる。これも天気や海流、海の温度が大きく影響する。 林業は、植林をしてから30~70年の長きにわたり間伐や山の手入れ、木の手入れを行い、成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代人が失ってきたもの

津波の被害を受けた被災地はようやく復興の動きが本格化してきました。 そのような中で現代人が失ってきたものが多くある事に気付かされます。 私の近所のおじいさんやおばあさんは、大震災が起きる数日前より「空の様子がおかしい」と何度も言っていました。 私は移住して来たばかりなので、空の以上はわかりませんが、昔から暮らして来た人々はその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古きを訪ねる

最近、年配の方々と接する事が多く、戦争経験者のお話を聞くことが増えてきました。 一人の男性と湘南地方の話をしていると、かつて旧海軍藤沢飛行場で訓練を行い出撃する予定だったとの事。 しかし、出撃する事なく終戦を迎えました。 湘南地域は庭のような処で職業柄様々な方々とお話をしてきましたが、藤沢飛行場の話を聞く事はありませんでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興の前にやるべき事

震災が発生してから1ヶ月が経過しましたが、現政権では復興の手順や方法などを全く提示していません。 重い腰を上げてやっと対策を練り始めたのが現状です。 神様を否定する政党が第1党だった岩手・宮城・福島の被害は非常に大きなものでした。 美国塾では今回の震災を「天の裁き」ととらえます。 神様を否定する政党を選挙で選んだのは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

口先だけの応援

東日本大震災以降、テレビコマーシャルで「がんばろう」や「日本を信じている」等の言葉が流れています。 しかし、その言葉を聞くべき人達にはその言葉は届いておらず、只の送り手の自己満足に過ぎません。 このコマーシャルを放映している日本広告機構は真剣に復興を考えていない事がよくわかります。 「あいさつをしよう」や「思いやり」等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心強い言葉

被災しているのにも関わらず心強い言葉を述べられていた方がおりました。 映像によると「チリ津波も体験している」との事です。 こちらの動画です。 http://www.youtube.com/watch?v=2zeroCZSrjo&feature=player_embedded これまで復興させてゆく最前線にいた方で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町の行政の変化

町の未来を真剣に考えている行政の長は、町民の為に何が出来るかを考え動いています。 今までは第三者として行政の様子を見ている立場でしたが、町長から直接の要請がありこれから町おこしの為に協力して行く事になりました。 よその地域から移住して来た者の意見に耳を傾ける事が出来る人はそう多くはありません。この町長は当選後町長の自らの給与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緩やかな時の中で

里山に移住してから初めての冬を迎えています。 私の住まいます地域も例年以上の積雪の為に除雪が問題になってきました。 早朝の除雪車の車の音で目が覚めますが・・・ また寝てしまいます。 外に出ると音が全くしません。風が吹いていれば木々や葉が揺れる音がします。 日中でも音がありません。夜はもっと静かになり「シーン」としていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾、台南地域の災害復興について

台南地域で台風による河川の氾濫で多くの人々が犠牲になってしまいました。 テレビでは濁流に宿泊施設が飲み込まれて行く映像が流れていました。 今回の台湾政府は頑なに海外からの支援を断り、ようやく受け入れた経緯があります。 日本が他国への様々な人道支援をすべきである考えは同じです。 中国の地震とはと違い、台湾へは中国側への配慮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more