テーマ:マスコミ

詫び方を知らぬ新聞社

本日、新聞社が再び我が家へやって来ました。 新聞社としては謝罪文を載せる事は出来ないとの事。 まだ、事の重大性に気づいていないようです。 それでは代わりにどうするのかと尋ねましたが、返す言葉がないようです。 そろそろお灸を据え終えたので、新聞社が町や地域、関係者に泥を塗り、信用を損ねてしまった事に対する償いを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞の報道について

本日、私に取材をしていないのにも関わらず私の内容に関する記事が紙面に載りました。 担当記者は、先日取材をしたいとの依頼がきましたが、仕事の関係で取材の時間を取る事が出来ないので6月に入ったらまとまった時間を作るのでそれまで待ってもらいたいと返事をしました。 その際に、私の記事を紙面に載せるという事の相談や連絡もなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真実の報道をせよ

ネットでは管直人総理大臣の北朝鮮拉致団体への献金問題が取り上げられています。 しかし、テレビや新聞では全く取り上げられず、自らの利権に都合のよい省エネルギー政策(太陽光発電)に関する事ばかり取り上げている。 九州電力の原子力発電所のメールに関する報道も、これらの献金問題から国民の気をそらす為のものだと推測される。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスメディアの情報支配の終焉

民主党政権になり、これまでの国の運営の仕方が大幅に変わろうとしています。 どこまで出来るかはやってみないとわからない部分もありますが、言う事を聞かない官僚は首を切るぐらいの勢いでやってもらいたいものです。 今回の選挙前のマスコミの対応で気になった部分があります。 それは、選挙前にも関わらず、芸能人の覚醒剤の報道が非常に多か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大東亜戦争の正当化

航空自衛隊トップの田母神俊雄・航空幕僚長の論文が世間を騒がせています。   「我が国が侵略国家というのは濡れ衣だ」という内容のものです。 今回、この記事を載せているマスコミは真実の歴史を知っているのでしょうか。 文面を見ていると「真実の歴史を知らない者が一方的な視線」で記事を書いています。 この論文の発表の一部を私も知った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミの過ち

前回は、日教組の批判について記事を書きましたが、 今回はそれを取り上げたマスコミについてです。 テレビ、新聞等の各社は、今回の件に関し誤った情報を日本国民に伝えた罪があります。 日教組が教育現場を腐敗し、特にその組織が強い所ではその傾向が強いです。 真実と正しい事を言った中山成彬前国土交通相は、己の道を貫いた筋の通った政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の進む道 その2

今回のテーマは「マスコミ」のテレビを取り上げます。 「言論の自由」という権利の主張の中で、最近では低俗な番組が増えてきました。 視聴率が取れるのでしょうが、お笑い芸人が出る番組が多くその内容が実につまらなく、人を傷つけて笑いをとるものが増えております。 親の名前を呼び捨てにするアニメ番組なども如何なものでしょうか。 訳の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

災害時のマスコミの役割について

新潟中越沖地震が起きてから被害の状況が少しずつ明らかになってきました。 今回は、発電所内で火災が発生し放射性物質が含まれている液体も海に流れてしまう事もありました。 これは事実として、原子力発電所や関係機関に今後の対応と安全策を考えて頂かなくてはなりません。 各マスコミはこの原子力発電所の危機管理について批判の記事を書いて叩い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more