ハインリッヒの法則

今日はいつもと違い変わった話題を取り上げます。

表題の「ハインリッヒの法則」とは、

1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。

労働災害が発生した際にはよくこの法則が使われています。



これを人間関係に置き換えてみると、300の違和感と29の些細な争い、1つの大きな喧嘩や争いとなります。

300の違和感とは、「この人は何を言っているのだろう」「この人は何を考えているのだろう」「なんでこのような事を言うのだろう」という、日頃からの人付き合いの中での素朴な疑問や思いがあるという事です。

そのうち、心にゆとりがなかったり、夫婦喧嘩をしたり、虫の居所が悪かったりした時にこのような事を思うと、その思いが強くなり小さな爆発が起きて、些細な口論になってしまうかもしれません。


最後の延長上に、恨み辛みのある喧嘩や争い、最悪の場合は裁判沙汰にまでなる可能性もあります。


人間関係でハインリッヒの法則を使うのは違和感があるかもしれませんが、ものの例えとしてこの法則を用いていました。


些細な事かもしれませんが、特に「物の言い方」については争いを招く種になりがちです。
自分が正しいと思っていてそれを相手に伝えるにしても、その手段や方法、物の言い方を気をつけないとその正しさが正確に伝える事も出来ず、返って恨みを買ってしまう事になりがちです。

特に相手の事を思ってやった行為でも、全く同じような事になるかもしれません。


人間関係を円滑にするには、日頃からの気遣いや思いやりが重要だとつくづく感じます。

このような事は、大和民族である日本人が本来得意としている分野でありますが、近年では大和心が失われつつあり、気遣いや思いやりが抜けがちであります。



さて、最近は今まで隠蔽されていた様々な事が明るみに出ています。
これから更に様々な分野で明るみに出て来ると予想しています。

人はこれを見て、何を信用しどうしたら良いのかを真剣に考え行動する時が来ると予測します。

日本人は「食べ物の恨みは恐ろしい」という言葉の通り、諸外国から何をされても食べ物の事で様々な事の被害を受けるとその怒りや報復措置は尋常ではありません。

これは日本人が大切にしている「信用や信頼」という心から信じているものについて、裏切ったり傷をつけてしまうからです。

そうなってからではもう手遅れとなります。


長年築き上げてきた信用や信頼は壊してしまうのは一瞬であります。しかしそれを取り戻すにはそれ相応の努力をし続けなければなりません。

日本人や日本の企業は、いつから目先の利益のみを追い求めるようになったのでしょうか。
利益があるのは世の中の為に役立だつ「利」があるのでその結果として「益」がついてくる事を忘れてはなりません。


私達の心の「ひやり」「はっと」を無くす事で、これらの事を防ぐ事は可能であると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック