言葉

記事の投稿は久しぶりとなります。

以前と同様、思ったことを書き綴って行きますので引き続きお付き合いの程御願い致します。


日本語で普通に伝えればよい内容を、わざわざ英語等の外国語や業種による専門用語で伝える事が増えてきているようです。

企業のホームページなどを見てみるとやたらと「ソリューション」等の言葉が出てきています。
解決等と訳されいますが、企業の様々な問題を解決する事の意味で使われている事例が多くあります。

インターネットが普及するにつれ、基幹設備や仕組を構築するにあたり、情報処理設備を構築する際に用いられる業界の専門用語がそのまま用いられる事が増えてきているのがわかります。

近年はこれらに関わる業種が増えてきているので、それらの専門用語を用いるのはごく自然な流れになってしまっているものと感じます。

このような流れから、企業の国際化や業種による専門用語の氾濫により、仕事をする際に英語を始めとする横文字が多く用いられたり、それらの頭文字を取ったものを省略言葉として使う事が増えています。

日本語である言葉は日本語を用いた方が伝わり安いのですが、若い世代を中心にそれらの専門用語が日常の仕事の言葉として広く使われるようになってきました。


大都市圏に戻ってきて様々な業種の人達と話をする機会が増えてきたのですが、以前にもまして言葉に関して疑問を感じる事が増えて来ました。専門用語でその言葉や意味を理解していますので、いざその言葉を日本語にするとそれを上手に説明しづらいという点も気になるところです。


このような事を感じていた時に、昔の上司の事を思い出しました。

以前、商社に勤めていた時の事です。
その会社の他部署では外国語圏の方々と仕事をする事もあり、その部署では電話などで多国語を話をしている人も多くいました。
しかし、全く関係のない日本国内のみで仕事をしていた私の部署でも上司が私達部下に対して日本語で済む説明をわざわざ英単語を交えて説明していました。

当時の先輩は「お前、上司が言っていた単語の意味わかるか?俺は意味がわからない。日本語で話せば済むないようなのにな」とこっそりと私に話をしてきました。

意味がわからないというのは、どうして英単語を使うのか意味がわからないという事です。

当時は、英語を交えて話すのが格好いいと思われていたのかもしれませんが、重要な内容が全く伝わらなかったのは結果的にその手法は失敗に終ってしまったという事になります。

その出来事があってからかなりの年月を経ています。


今では業界用語や英単語等を使う事が一般社会の企業用語として当たり前の時代になってしまっていて、それに違和感を憶えるのは私が年を取った為でしょうか。
それとも暫くの間、天然自然と営む生活をしており、横文字よりも現地の方言を聞いていたのでそれらの事に無縁だったのかもしれません。



時代と共に使われる言葉は変化をする事もありますが、変わらず使い続けられてる言葉があります。

日本で使い続けられる言葉は、やまと言葉を発端とする古くから用いられている日本語です。

その言葉には全てに意味があり、言葉自体に言霊があります。


人は会話をする時に声を出します。その声色でその人の心理状態がわかる事もあります。

一番単純明快なのが、「喜・怒・哀・楽」です。

しかし、それらの中間にある心に見え隠れするかすかな感情を拾うには、日頃から声色や言霊に対し敏感に鍛錬をする必要があります。

私のお世話になっている師は、私の電話の第一声で私の近況と心理状態、健康か不健康かを判断してしまいます。これは師が日頃から無意識に鍛えている心眼によるものであり、人の身なりに関わりなく純粋にその人の心と接するものであると思います。

これらの心眼で人を見るにあたり、横文字では言霊を感じる事が難しいのが正直なところです。
横文字に言霊があるのかはわかりませんが、日本語には言霊があり、それがあるから偉人の言葉はその人が世を去ってからも残ると教わっています。

昔の日本人があまり会話もせずに、意思疎通が出来ていたのはそのような事が普通に出来ていたからかもしれません。それ以前のその人に対する信頼や信用というものもあるのかもしれません。


意図的に外国語を氾濫させるのはあまり感心できません。



数年前に記事にしていますが、日本の食文化を始めとする、様々な日本文化の輸出が本格的に始まっています。
少しずつではありますが、以前にも増して小さいながら日本ブームが世界的に起きているようです。

日本文化はそれぞれの現地の人達に自然に溶け込み、結果的にその現地の文化に融合され、現地の人達に違和感なく日常生活に入り込んで行きます。

文化の輸出と共に、まずはその文化に関わる言葉から日本語が広がって行くものと予想されます。
その時には「何故日本人は、日本の良い言葉をもっと大切にしないのか」という言葉を、海外の人々から投げ掛けられる時がきます。
そのような言葉を日本人に投げかける人は、自らが日本語の意味を調べ理解し、日本語の素晴らしさに感動し、それを踏まえてそのような言葉を日本人に使ってきます。

そのような言葉を投げかけられた時、日本人はとても恥ずかしい思いをしてしまいます。


日本語の言葉の良さを見直すきっかけになればと思い、今回の記事は言葉にしてみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック