内需復活に向けて

自由民主党の安倍政権に政権交替してから、円安と株高が続いています。

このままじわりじわりと円安と株高が続くものと予測されます。


年末から一気に、輸出を主な事業としている日本企業の業績が良くなってきました。
円安に伴う為替の影響を受け、企業によっては赤字から黒字に転換し、業績も復活し、国内の物流も復活してきています。

企業で働く人達が業種にもよりますが、目に見える形で景気が上向きになってきたと感じている事でしょう。


円安の影響では輸入企業が少しずつ影響を受けて来ています。
食品関連産業が大きな影響を受けている事でしょう。


現在、スーパー等では外国産の安い物が食糧販売されており、国産の食料品が排除されつつありました。
特にプライベートブランドと呼ばれる商品は、多くの輸入品があると聞いています。

結果的に、日本国内のお金が海外に流れてしまっていた事になります。


更に農畜産、漁業等は、輸入品により大きな影響を受け、市場価格も下がり生産者がやっと食べて行ける程度の収入しか得る事が出来ていませんでした。


まずは、このまま円安が進み、株高も進む事で内需復活をする事が国民生活をよりよいものにすると思います。
特にこの民主党政権時代の3年間は、国内の産業がボロボロにされ、隣国が大きな利益が出る仕組みにされていました。


物価があまりにも上がる事は望みませんが、物価が上がる事で国民全体の所得が上がる事を望みます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック