自然の猛威

昨年度より天災地変が続いています。

今年は雪が降り続き、雪解けも地域によっては1ヶ月以上も遅くなっています。


さて、この長く続いた厳冬の影響を受けるのが稲作です。

今年の育苗は例年よりも2週間以上遅く始める予定でしたが、昨日からの爆弾低気圧による突風で、稲の育苗を行うビニールハウスが大きな被害を受けています。特に秋田県沿岸部の中部では8割以上の被害を受け、あと2週間以内で始める予定の育苗が遅れる可能性も出てきました。

育苗が遅れるという事は、田植えも遅れてしまいます。

結果的に発育に影響が出てきます。


4月に入っても雪が降る異常気象が続いています。


これも日本人がお米を大切にしていない戒めなのかもしれません。


今年は地域の祭りで豊作を願ったのですが、地域によっては不作になり最悪の場合コメ不足に陥る可能性が出てきました。


お天道様と共存しながら行うのが農業です。

農家の辛抱強さや力強さを感じた1日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック