町の行政の変化

町の未来を真剣に考えている行政の長は、町民の為に何が出来るかを考え動いています。

今までは第三者として行政の様子を見ている立場でしたが、町長から直接の要請がありこれから町おこしの為に協力して行く事になりました。

よその地域から移住して来た者の意見に耳を傾ける事が出来る人はそう多くはありません。この町長は当選後町長の自らの給与を公約通り3割も減給しました。私はあくまでも中道を進む立場ですが、この町長やそれを支える人達は限りなく中道に近い道を共に歩み、将来の日本や地方を真剣に考えている人達であります。
この運動を冷ややかに見ている人が多い中、少しずつ結果を出していっているのはその道が正しい道だからだと思います。

正しい道の始まりは困難な事が多くあると予想されますが、それを困難と思わずに乗り越えて行く事が出来るのは経験や知恵が相乗効果としてあらわれているのだと思います。そのような人には少しずつ必要な人材が表れます。役割は分野分担となり様々な場面でその役目の人が活躍し始めます。

やがて地方から日本を変えてゆく時代がきます。
その時の為の準備も一歩ずつ進んでいます。

役所に勤めている人は、部署により仕事が極端に集中する箇所があります。
それ以外の部署は比較的穏やかに過ごしているものと思います。しかしこれも住民サービスとして必要な部署ですのでその時に動いてもらうようにしなければなりません。

行政の長が変化すると、行政の仕組みが少しずつ変わってきます。
事を動かす仕方も変わってきます。その効果が少しずつ出てきていると感じています。

役所に勤めている人も、地域を良くしようと努力をしている人が多くいます。
しかしながらそれを止める勢力があるのも事実です。その人たちも近いうちに役場を去る立場になります。
それからは古き良いものを残しつつ新しい住民サービスが生まれて来るものと思います。

本日、町長と話をした中で、住民主体の団体を行政がサポートする事で地域の活性化に繋がる事を進めて行く事を約束してもらいました。

これも大きな一歩であります。

今日もまた進んでいます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック