好きです日本~四季の絵本

久しぶりの記事となります。

今の日本は、政治指導の誤りから日本全体で様々な問題が発生し、関係諸国との友好も悪化して来ています。
これも選挙で民主党を選んだ国民が悪いのではないでしょうか。
政府や他人の責任にせずに自らにも責任があった事を自覚しなくてはならないでしょう。
大和塾としては、情勢を暫く様子を見守ってゆきたいと思います。

季節が晩春から初夏に変わろうとしています。
札幌ではようやく桜が満開になり、日本の桜前線が北海道まで北上しています。

日本には四季がありますが、お住まいの地域それぞれに違う四季がある事でしょう。
その四季の良さを取り上げた素敵な歌を紹介します。

-----------------------------------------------

「好きです日本~四季の絵本」
作詞:阿久悠 作曲:宇崎竜童 歌:坂本冬美

日本には四季があり
四季にはそれぞれ色があり
色に似合いの生活があって
それを誰もが
楽しんだり 愛したりしていたんだと
おばあちゃんかな
おじいちゃんかな
聞かされたことがあるのです
わたしは 心が乾くと
そんな話の一つ一つを
絵本をめくるように
思い出す事にしているのです

桜前線は 北へと上り
三日したいなら 花開く
春はうれしい 日本の春は
人の心をあたたかくする

好きです 好きです
好きです 日本
わたしが生まれて愛したところ

線香花火に 額を寄せて
語る小さな夢の数
夏はうれしい 日本の夏は
照る日曇る日 想い出づくり

好きです 好きです
好きです 日本
わたしが生まれて愛したところ

山の紅葉が下までおりて
変える子供の背中を染める
秋はうれしい 日本の秋は
窓の明かりが 恋しく見える

好きです 好きです
好きです 日本
わたしが生まれて愛したところ

瓦屋根には朝日が映える
十日遅れの初雪が
冬はうれしい 日本の冬は
頬の真赤な娘が走る

好きです 好きです
好きです 日本
わたしが生まれて愛したところ

好きです 好きです
好きです 日本
わたしが生まれて愛したところ

----------------------------------------------------

このような歌は、ありそうでなかなかない歌だと思います。
日本語の美しさを良いメロディーで表現しています。
日本人の心をくすぐるような、熱い想いが込み上げて来るような、
四季があるから出来る日本らならではの歌でしょう。

心温まるこの歌は、これからも長く歌い継がれてゆくといいですね。

大和塾では、現在の歌を紹介するのは初めてです。
良い歌があれば、これからも紹介をして行きたいと思います。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック