最先端技術

マスコミによって、日本は自信喪失のような記事やニュースが多く掲載されていますが、
実際は、表に出ない明るい最先端技術が日々多く生まれています。

EU等諸国の軍事生産国は、日本と開発協定を結ぶ為に水面下で話が進めらられています。
これは、米国が最新戦闘機を日本に配備させない動きが出てきているからに他なりません。
日本でも独自にステルス性の高い飛行機を開発中と言われています。
米軍が世界最先端といわれていますが、実際は日本の技術がなければ航空機1機も製造出来ないのが現状です。

家電製品ではとなりの半島の企業が日本企業と同時に3Dテレビを発表しました。
見た目は似たような製品でも、中身の精度と性質が全く違うものであると共に、商品の完成度が違いすぎるのは、使用してみて初めて分かることです。
分かりやすいのが携帯電話です。日本製は待機時間、通話時間も外国製品に比べると約2倍近くの省電力が可能です。見た目は同じでも中身が全く異なる良い例です。

模倣はできても、模倣で終わってしまうのが隣の半島企業の技術力のなさでしょう。
日本企業から技術者を高い給与で引っ張っていっているようですが、日本企業の企業風土があってこそ最先端の技術が生まれるのは言うまでもありません。
日本を捨てる技術者は、お金で国を捨てたと同様の事となるでしょう。

探査衛星「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」から、今年の6月頃に地球に帰還する予定となっています。
月以外の惑星に着地するのも初めてであり、少ない予算と数々の制限の中、知恵と工夫が詰め込まれた「はやぶさ」は宇宙探査の業界において数々の金字塔を建てております。

世界中に広まっている当たり前のものの中に、日本の中小企業でしか製作できないものが多く含まれているのも、最先端技術と職人技術との相乗で、今も日本国内はもとより世界各国より依頼が来ているのは言うまでもありません。

このように、日本は表に出ない最先端技術でさらに発展してゆく事になるでしょう。
日本人ならでは完成と、物に対する思い、職人の心、そのようなものが良い物を作り出して行くのでしょう。

マスコミや新聞の情報に惑わされてはなりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

通りすがり
2010年03月31日 23:56
最近yahooを見てても、中国主体の記事が増えているように思います。

ちょっとおかしい状況です。
2010年04月01日 21:32
通りすがり様
言われている通りです。
日経新聞は「韓国に学べ」等ととんでもない事を言っています。
実際は、日本の制度や仕組にとても両国が太刀打ち出来るわけでもなく、あからさまな情報統制です。
みーくん
2012年10月08日 13:08
技術は完成された時点で、№2になる宿命です。技術開発担当者には大変申し訳ありませんが、日夜粉骨砕身不眠不休の気持ちで頑張っていただくしかありません。以前の日本のように。
管理人
2012年11月14日 22:36
返答が遅くなりました。
みーくん様が言われている通りだと思います。

日本の企業は様々な技術を蓄積しており、時代が必要とした時に直ぐにでも世の中に出せる物も少なくありません。

技術に完成は無く、進化をさせる事で輝き続けるものだと思います。

この記事へのトラックバック