紙芝居

先日、世界に広がる日本文化を紹介している番組で紙芝居が紹介されていました。

スペインの美容院に勤めている主婦が、わが子の教育の為に何か良い方法はないかと言う事で、たどり着いたのが紙芝居でした。

紙芝居の内容は、日本の神話や昔話を題材にしている物が多く、スペインでは、紙芝居のような人に対しての思いやりであったり、良い事や悪い事を教えるようなものが存在しなかったとの事です。

紙芝居の良さは、動画と違い絵で表現され、読み手がその時の子供達や見ている人達の表情を気にしながら読んだり場面を変えたりしており、見ている人達の想像力をかきたて、考える事が出来るのが良いと言っていました。

現在では、スペイン語とバスク語に訳した紙芝居を、子供達の集まる場所や老人達が集まる場所に呼ばれて、紙芝居をするとの事です。

紙芝居が異国の地で役立っているとは思ってもいなかったのですが、紙芝居というものを日本人が忘れてしまっているのがとても残念です。

幼稚園や保育園では今でも紙芝居を行っているとは思いますが、もっと多くの場所で紙芝居を見る事が出来るようになるといいと思います。

日本の良い文化が、着実に世界に広がっています。
海外で評価される日本文化を知り、改めて私達日本人が恵まれた文化で生活してきている事を実感できるようになるのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック