「心構え」と「企業理念」

最近、「心構え」という言葉を聴かなくなってきましたが、ふと、自らが新しい事を成そうとする時に「心構え」という言葉が頭に浮かんできました。
気が付けば、目的や志があっても「心構え」が出来ていなければその事を成す事は難しいかもしれません。
それだけ「心構え」が重要だという事を再び気付かされました。
この事に対し大変感謝をしております。

さて、個人の活動は別として企業の「心構え」を考えた時に何が必要になるのでしょうか。
古くから成功し、継続をしている企業には「企業理念」があり、どこか方向性を間違えた時にも「企業理念」という「初心」が原点に戻るという事を気付かせて、方向を修正して行きます。

しかし、経団連に所属している日本の一部の大企業はこの「企業理念」を忘れ、利益のみに走り、大切な仲間であり社員である従業員を大事にせずに欧米方式のように切り捨てていってしまっています。結局、財産である人を育てる事が出来ず、更には生産拠点を海外に移転してしまった為に、拠点である日本に大事な技術や人材が失われていってしまっております。
その典型的な例が、中国企業へとの合弁や技術移転により販売実績で苦しんでいる現状があります。
あれだけ日本を嫌い、嫌日教育をしている韓国も日本企業より同様の支援を受けております。
韓国で製造されている車や電気製品、地下鉄などは日本からの技術移転によるものです。

さて、話は横道にそれましたが、それだけ企業の「心構え」である「企業理念」は重要なものです。
最近になり経団連は政治に口を挟むようになって来ました。一企業の利潤を得る為に政治や政策を変えるのは本末転倒であり、その企業と企業の代表は方向性を修正しなくてはなりません。

本業以外の事をすると、最終的に倒産したり自然淘汰されたりするのが日本企業の姿です。

日本の経済は落ち込んでおりますが、世界最先端の様々な技術は今まで以上に世に出てきております。
「企業理念」を振り返り、従業員一同が「心構え」を持つ事で、日本は世界の魁となり、世界中から必要とされる国となり企業となる事でしょう。
利益や利潤を追求するのは企業本来の姿でありますが、投資をしたり行過ぎたりすると其の事が原因で本業を苦しめてしまいます。

「心構え」をしっかりともち、こらからに向けて歩んで行きたいものです。

この記事へのコメント

商人
2009年11月08日 11:38
企業の心構えを伝えてきた文化に「のれん分け」というのがありました。

今でも寿司屋さんなんかは「のれん分け」が受け継がれていると思います。

しかし、経済事情の悪化により多くの寿司屋さんが廃業しました。伝統と文化を守りながら今の時代に乗ることが大切のように思います。

「のれん分け」は看板を分けるのと同じで、看板に傷がつくなんて言葉も残っています。
現在では、「コンプライアンス」という横文字になっていますが、信用は昔も今も大切なものです。
2009年11月10日 02:59
>商人様
コメントを頂き有難う御座います。
日本は老舗企業が多くあり、信用と信頼、安心感を大切にしていると感じております。
これらを守って行く事で長き間に渡り商売を続けてゆく事が出来るのでしょう。

この記事へのトラックバック