集中豪雨による自然災害と水の必要性

最近、九州北部や中国地方西部で、集中豪雨による自然災害が続いております。
雨が続いているので、地盤が緩んで来ており現在でも注意が必要です。
現地で被災されている方は大変気の毒だと思います。

このような集中的な雨は最近になって起きている事に気がつきませんか?

最近ですが「水」が大変気になっております。
日本は水が清い場所でありますが、その水を日本人が大切にしているかという事です。

日本は世界の国々に比べると降水量が多い国の部類に入り、四季の影響で木々や草花、野菜・果実等が大変育ちやすく発育も早いと、統計で出ております。

人々が望んでも雨が降らない国と、人々が望まなくても雨が降る国。
日本では梅雨や秋雨、台風など、雨のシーズンが必ずあり、地域によっては降雪があります。
日本人が水に困らないように、このような仕組になっているのだと私は思います。

日本は国際河川がないので、水の奪い合いがありません。
これは大変幸せな事です。

日本人の水に対する意識を少し変える時が来たのではないでしょうか。
水道水が普及して、蛇口を捻ると水は当たり前にあると思っている人が多いですが、日照りが続けば水はなくなってしまいます。
特に、香川県や愛媛県では、日照りが続くと地域柄水不足になってしまいます。
取水制限や、水道の圧力を低くする措置などは数年に一度行われているようです。

日本人が日本の水を大切にしない限り、今度は飲む水がなくなってしまうような気がしてなりません。
自然災害は人が忘れた時に起きると昔から言われております。


現在、雨水を貯めて使う家庭用タンクが売れているようです。
少しでも水を大切に使おうとする人達が増えているからだと思います。
庭の水やり、洗車、水打ち等・・・ 用途は沢山あるようです。

私は仕事柄、水に関わっております。
殆どの人は水に対する意識がなく、水を大切にしていない事がわかりました。

人の体の半分以上は水で出来ています。
もう一度、日本の水を考えるときが来たのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック