二宮金次郎(尊徳)について

記事をお休みしている間、社業に関する調査の為に
二宮尊徳記念館に行ってきました。

二宮尊徳の時代と、現在を比べて見ると物質的には豊かになっていますが、
財政が逼迫している状況、これから先の不安などは、
当時とあまり変わっておりません。

記念館では、当時の生き方や考え方を学ぶ事が出来、
現在でも十分通用する教育方法もありました。

現在、日本の食料事情を大きく変える必要に迫られています。
自国民の食料は全て自国で賄うようにしなくてはなりません。

その為に、国や地方自治体はその為の助成金を含む対策を講じなくてはなりません。
人は、お金はなくても、食べ物がなければ生きてゆく事が出来ません。

二宮尊徳の農政改革を見てそのように感じました。

大人も子供も二宮尊徳に学ぶべき事がたくさんあると思います。

日本は今、歴史に学ぶ時が来ています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック