いじめの増加について

先日、新聞にいじめが増加している記事が掲載されておりました。
小中高いずれも全て増加していると言う事です。

私達が子供の頃に比べると「体罰」が皆無に近い状態となりました。
それは、先生が子供に手を上げると 親が学校に苦情を言うからです。

子供達が悪い事をしたり、言う事を聞かないから、先生が叱ったりするのであって
基本的な体罰とは、それを直すための手段だと言う事を忘れてはなりません。

子供に善悪の判断がつかなくなってしまったのはどうしてでしょうか。
人の心の痛みがわからなくなってしまったのはどうしてでしょうか。
うちの子に限ってまさか と思う親も少なくないと思いますが、
子供が自分自身で判断が出来ないのは当然で、それを親も含め大人が教えるのが
本来の日本の社会だったはずです。

現在の文部省の定める教育は、勉強を教える為のものであって
子供達の心の教育までは出来ていません。
心の教育とは、「正しく生きて行く為の教育」と言う事です。

これが出来ていないからいじめが起きてしまい、それも増加をしてしまうのです。

戦後の文部省の定める教育は良かったのでしょうか。
戦前のものを全て切り捨てたのは本当に良かったのでしょうか。
教育水準は今より、明治・大正・昭和初期の方がもっと良かったと私は思います。
なぜならば「人として正しく生きる事」を学校でも学ぶ事が出来たからです。

今、教育を変えなくては今後の日本はより堕落していってしまいます。
権利の主張も結構ですが、世の中に役立つ日本人を育ててゆける社会を
われわれ大人が築いて行かなくてはなりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック