日教組の過ち

中山成彬前国土交通相が「日教組」の真髄について述べた事は真実だと思います。

こぞって批判をしたマスコミは「日教組」がどのような生い立ちで誕生し、
現在、どのような思想で運営されているのかわかっているのかが疑問であります。

とある学校の職員室の片隅に、国旗掲揚と君が代の国歌斉唱を反対するプラカードが置いてありました。
教育者の立場でありながら、「共産思想」を母体にもつこの組織は
日本の教育を根底から腐らせている組織です。

国民はこの事実をしっかりと認識してもらいたいものです。

本当に正しい事をいうのは、数の多さではありません。
この変が民主主義の欠点であります。

日本の教育者は「日教組」を脱退し、本当の教育を行わなければなりません。
先生と呼ばれていますが、一般社会の人々から見ると、非常識な人達が大変多くいる事も事実です。

先生と呼ばれるからには、先生の人格と人徳をもって教育に携わるのが
本来の先生の姿ではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック