教育現場の腐敗

大分県で大きな、教育絡みの汚職がありました。
人を教育する立場として「言語道断」です。

この人達の罪は大変重い事でしょう。
それだけ「教育」というものを軽く見る結果でしょう。

ある都市の教員は「縁故」が就職しやすいという事を聞いた事があります。
あくまでも「うわさ」ですが、うわさが立つようでは現実に汚職があるかもしれません。

どうして今回のような出来事が起きたのでしょうか。
大分県で明るみに出ただけですが、実際には各都道府県でやっている事なのでしょう。

私が個人的に交流のある先生方は大変立派な方々ばかりです。
そのような人達の評価まで今回の汚職は下げてしまうのです。

教育の改革は、教員の採用も含め検討をしなくてはならない時期にきました。
現在の教員は社会人の経験をせずに教員になる人が殆どです。
その為に、一般社会から見ると特殊な世界に見える事があります。
これは私が感覚的に感じている事で、全ての先生に当てはまる訳ではありませんが、
非常識な人が結構多いと言う事です。

教員の採用制度を含め、根本的な改革が必要です。
国や地方自治体は早急に対策を講じなくてはなりません。

このままでは教育現場が腐敗して行く事でしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック