卒業

本日、私が関わっております部活の最終公演が終了しました。

部員は実質的に本日が「卒業」という事になります。

3年間は本当にあっというまでした。
1年生だった子供達が3年生になり、本日、最後に改めて御礼を言われた時は、嬉しくもあり、照れくさくもあり、良くここまで頑張ってきたという褒める言葉もあり、久しぶりに「甘酸っぱいような気持ち」になりました。

私が関わってきた子供達は、素直でよい子ばかりです。
本人の努力もありますが、それを支えてきた家族の応援や影響も大変大きいものでしょう。

最後の講演を前に、涙ぐんでいるお母さん、号泣しているお母さん、黙って見守るお父さん、家庭によって表情は違いますが、それぞれの力の入れようがわかりました。
子供達と一緒に、保護者の方々も共に戦っていたのでしょう。

先生が、卒業式に生徒を送り出す気持ちがわかるような気がしました。

3年間の間、部活の「ショー」を通じて、様々な人々に元気を与え、爽やかな風を送り続けてきた皆さん、本当にお疲れ様でした。

これからも、小さな子供達に「夢や希望」を与える事が出来る、人になって下さい。
いつで、私達は応援しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック