江戸時代よ再び

海外では日本の江戸時代が注目を浴びています。

イギリスで歴史を変えた人物の中に「徳川家康」が選ばれました。
関ヶ原の戦いでの勝利の仕方や、その後の日本を統一し武力を縮小させ
国内での戦をほぼなくした事がその理由です。

世界各国を見渡しても300年もの年月の間、戦争や争いのない国は日本だけでしょう。
その他の国は侵略や占領を繰り返しております。
現在も石油などの利権を採る為に「平和維持活動」という名の争いをしております。

江戸時代からは様々な事を学ばなければいけません。
男尊女卑と呼ばれておりますが、江戸時代では女性の方が優遇されており女尊男卑の時代でした。

関数や様々な芸術文化はこの時代から生まれており、現在の日本の商いの基礎となっている部分があります。

原点に返るには江戸時代を見直し、良いところを吸収するほうが今後の日本にとって良いものだと思います。

「江戸しぐさ」などの書籍が出回っているのは、この傾向があり、世間的に世の中を見直そうという動きが出てきている事でしょう。

「温故知新」を実践する時期になっております。

この話題は今後も取り上げたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック