民主主義について

民主主義とは残念ながら人心を荒廃させる原因の一つとなっております。

良くあるのが多数決というものです。
間違った意見でそれを賛成しようとする人が多ければそれで決まってしまうと言うことです。

本当は少数派の意見の方が正しいのにもかかわらず、数の多さで決まってしまう簡単なようでとても愚かな選択肢だと思います。

現在の国会や選挙のシステムはこの多数決を取り入れており、結局は数を稼ぐために様々な思惑や根回しなどが行われ、闇の世界が生まれてしまう事でしょう。

本当に正しい選択は案外たった一つの意見の中から出てくるかもしれません。
その意見を聞きわけて実践できるだけの器を身につけなければなりません。

アメリカ式の民主主義は何れ滅びる事と思います。
日本はアメリカの追従ではなく、明治時代の日本の在り方を今一度実践しなくてはなりません。
アメリカは同盟国でありますが、アメリカにのみ都合の良い同盟国である必要はありません。
日本は日本の立場で苦言を刺すことが出来るはずです。

民主主義より、道議道徳を重んじるのが将来の日本の為になると考えます。

重要な話題ですので、また続きを書きたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック