英語の必修化について

先日の教育委員会で、小学校高学年の英語の必須化挙げられておりました。

ここで、苦言をいたします。

日本人であるならば、まずは日本語を習い、その日本語を正しく用い、そしてその意味を深く理解し、使いこなせなければなりません。

現在の子供達は満足な日本語を用いる事が出来ず、誤った日本語を用いています。

正しく日本語を出来ないのであれば、それを徹底させるのが今の教育に必要ではないのでしょうか。

英語を用い、将来社業に生かしている人はほんのわずかな人達です。

小学校は商人を育てる所ではなく、学舎であり、良い日本人を育成する為の教育機関です。

その事を深く認識し、改善しつつ教育を誤った方向へ導かぬように十分注意して頂きたいものです。

本当の日本人の姿とは志高き人「二宮尊徳」のような人を指すのです。
原点を忘れずに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック