教育勅語による教育

戦前まで日本では「教育勅語」による教育が行われておりました。

現在、唯一「教育勅語」による教育を行っている学校があります。

東方工商専科学校 という学校です。
この学校は日本ではなく、台湾の高雄県にあります。

許国雄氏が私費を投じて設立された日本でいう「私立の短大」にあたります。
日本の「教育勅語」の精神を学校教育に取り入れ、戦前台湾を近代化に導いた精神を今でもこの学校では教えているます。

現在の台湾の根源は、戦前の高い教育と水準と高い道徳心によって保たれており、今の日本より根強く残っております。

以前にも記事として取り上げましたが「教育勅語」ほど、素晴らしい精神を教育できるものはないと考えます。
それだけこれは完成度の高いものなのです。

「教育勅語」を失った教育は、事実としてこの日本人の精神文化を破壊するばかりか、形だけの骨抜きの教育を行っております。
批判をする人も多くおりますが、これが現実です。失敗は失敗として認め、良いものをこれからは取り入れるのが、これからの日本の再生に必要な事です。

このような台湾の中の日本文化を私達は今、逆輸入をしなくてはなりません。

この話はまた、別の機会に続きを書きたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック