失言

本日は政治の失言についてお話をします。

防衛相の久間氏が米国による原爆投下は「しょうがない」という発言についてです。
久間氏は原爆被災地の長崎2区より出馬しており、地元長崎の人々の怒りをかう発言をしてしまいました。

一国の防衛を司る立場の者として取り返しのつかない発言でしょう。
このような発言が出る事について、これが彼の本音だと考えます。
そのような事を考えていなければ、このようなコメントは出てくるはずがありません。

罷免若しくは自主的に辞任をすべきだと考えます。
このような人が防衛を司るには大変遺憾を憶えると共に、国を守る任務についている
防衛相の各人々に対しても大変失礼な発言であり、国民を馬鹿にしています。

どうしたら、このような発言が出来るのでしょうか。

彼は国賊です。

以前も失言の話をしましたが、これは以前よりも大きな問題となり取り返しがつかない事になるでしょう。

反省しても謝罪をしても許す事はないでしょう。

努力をして名誉ある地位についても、常に己を律し発言に気をつけなければ足元をすくわれてしまうと言う良い見本ではないでしょうか。

この発言は次の選挙に響く事でしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック