温泉入浴

画像
日本ではごく当たり前にあちらこちらに温泉がありますが、これだけ温泉の多い国はありません。

隣の国「台湾」「韓国」等は若干の数がありますが、日本とは比べものにならない程少ないです。
欧州では温泉を医療目的に使われており、日常生活の利用とはかけ離れています。
イングランドの「バース」では古代ローマ帝国時代(今から約2000年前)にローマ軍が温泉を発見し浴場を作りました。ローマ軍が去ってしまった後は埋もれてしまいましたが、150年ほど前に発掘され、現在の姿になっています。
今でもローマン・バースでは温泉が湧き出ております。
「バスルーム」の「バス」の名前の由来は、イングランドの「Bath spa」と言われています。
古代ローマ時代は温泉につかるのと当時に、温泉を神様として崇め信仰の対象となっていました。

世界各国を探しても、湯船に浸かる習慣はあまり見られず、日本特有の入浴文化となっています。
その為、戦国時代よりある「有馬温泉」を筆頭に、日本全国津々浦々様々な種類の温泉があり、温泉の入浴を目的に旅をしている人々が沢山いるのは言うまでもありません。

温泉は「湯治」等の病を和らげる方法があったり、様々な入浴方法が有ります。
それはその源泉や温泉の種類により異なります。
入浴をする事で、血行が良くなり体がほぐれ、体を洗う事により清潔な体を保つ事が出来ます。
入浴文化も、豊富な水や温泉があるからこそ成り立つ文化でないでしょうか。
日本は世界で一番清水に恵まれた国であり、この恩恵に感謝をしなくてはなりません。

次はどこの温泉に行こうか……

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック