「朝に道を聞けば、夕べに死すとも可なり」

今回は「論語」(ろんご)の言葉を取り上げます。

「朝に道を聞けば、夕べに死すとも可なり」
(あさにみちをきけば、ゆうべにすともかなり)

これは真実の人の道を聞き、会得したならば、夕べに死んでも悔いはないと言うことです。

わかりやすく例えると、
人は生きて行く上で、目的や目標、志などを立ててそれを生きて行く糧としますが、それを全て会得した時に思い残す事はないという事です。

それだけ人間の生き方や在り方を知る事は大変重く、重要な事です。

私の場合はまだまだ精進が足りず、この域には全く辿り着いておりません。
自分の生涯を終える時には、自分の志をやり尽くして世を去りたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック