アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「友好」のブログ記事

みんなの「友好」ブログ


ようこそ日本へ

2014/04/27 23:20
近年、政府の外国人観光客の誘致政策が効を成し、様々な国々から訪日する人々が増えています。

先日、身体の療養を兼ねて、普段は車で行っていた自宅から比較的近い箱根ですが、に久しぶりに公共交通機関を使って行ってきました。

箱根は比較的外国人観光客が多い場所だという事は分かっていましたが、これほどまで増えているのかと実感したのは初めてであります。

箱根湯本から登山電車に揺られて強羅まで行きました。
私の周辺にはタイ語の案内図を持った家族連れが座ってきました。

タイからの渡航者が増えている事は聞いていましたが、強羅からケーブルカーに乗り換えると今度は別のタイから来た家族連れに囲まれました。
更に英語圏や中国語圏から訪れたグループに囲まれ、私の回りには日本語以外の言葉が飛び交っています。
私の回りには日本人よりも海外から来た人達の方が多かったのです。

タイから来た家族は、チーズ鱈をおいしそうに家族で分け合って食べていました。
もしかしたらこのような処にも商機があるのかもしれませんね(笑)

たまたまそのような列車に乗り合わせたのだと思いますが、登山電車では行きも帰りも必ず海外から来た人達が乗っていました。

下山途中に途中駅で下車してお目当ての温泉に行こうとした時に、アジア圏の人若い女性2人から道を訊ねられました。
相手の英語は中途半端なので片言の単語だけの方が良いと思い単語だけで話をしました。
メモとペンがあれば漢字で筆談が出来てので手っ取り早かったのですが、持ち合わせていませんでした。

始めはバス停の場所を聞かれたのですが、どうやら宿に行きたいようです。
私の行く温泉施設は彼女たちが行く予定の宿の通り道なのでそのまま案内して無事に宿に送り届けました。
会話を聞いているとやわらかい北京語を話していたようなので台湾からきた人のようです。


言葉は通じずともなんとなくこちらの意図と心をわかってくれたようなので良かったです。


ネットが普及して、日本国内にいても海外の情報が得られる時代になりました。
海外の人達が日本の情報も得られる事が出来るようになりました。


台湾から来た2人が選んだ宿は、日本人でも探さないと予約が出来ない宿ような小さなでした。
もしかしたら情報誌や興味のある人達の間では有名なのかもしれませんが、私は知りませんでした。
宿の受付の横には、浴衣が選べるようになっていたので日本びいきの海外旅行者には好まれる宿なのかもしれません。


アジア諸国から日本へ観光で来る人々は比較的裕福な人達が多いのではないでしょうか。
過去に日本人が海外旅行に出歩くようになるのと同じように、アジア諸国の人達も普通に海外旅行に出る人が増えて来るのだと感じました。


日本に訪れる様々な国々の人々を歓迎したいです。
そして日本を満喫して、日本の良い文化を本国に戻ってからも伝えてもらいたいです。
そのように感じた休日でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


五輪を終えて

2014/02/28 04:46
最近、友好国である米国が日本に対して敵対的なコメントをしているケースが見受けられます。
米国のマスコミによるものでしたら、所詮買収されているだけですのであまり気にする事もありませんが、政府筋や米国大使が実際に言葉を発しているようでしたら大きな問題となってしまいます。

米国の現政権は民主党であります。
過去に日本に戦争を仕向けたのも、原爆を落とす許可を出したのも民主党であります。
更に現在の日本の原発の再稼働について闇に反対に仕向けたのも米国の民主党であると言われています。
現政権はその事をわかっているので再稼働を進めています。

日本国民はこの事を忘れてはなりません。


ロシアのソチで実施されました冬季五輪が開催され無事に閉幕されました。
オリンピックの競技の結果ばかりに目が行きますが、ここで注目をすべき事は、日本とロシアとの関係です。

現政権は日本との良好的な関係を望んでおり、現政権になってからその関係は急速に進んでおります。
北方領土は本来日本の国土でありますが、将来、実効的に支配をするのであれば、現在も住民が在住している事もあり、共同開発等を行いつつ、エネルギーなどの資源も確保しつつ、サハ共和国等のシベリア方面を含めた包括的な協力関係を築く事が不可欠です。

また、日本側の窓口として秋田や青森、北海道等の港を活用して貿易を盛んにする必要があります。

安全保障の分野でも重要であります。
ロシアは日本との安全保障条約を本音では締結したいと考えております。日本と米国との関係がありますので、それに踏み込むのは日本政府としても慎重にならざる得ません。
しかし、米国とロシアでは圧倒的にロシアの方が近く、またシベリア地方は首都のモスクワからもかなりの距離がありますので、日本との安全保障を締結すればロシアの安全保証の観点から見ても有効であります。
日本の国の姿勢が、ロシアを安心させるものでもあります。


今日までは太平洋側が栄えてきました。
日本海側は、大規模な開発が入らなかった事もあり農業や地場産業が中心となっています。
しかし、ロシアとの貿易が増える事で、日本海側の特に東北北海道方面では新たな産業が増える事が予測されます。


世界的な安全保障の観点から、日本とロシアが今まで以上に有効(友好)な関係を築く事が必要です。
それにより、米国が自らの利益だけを優先して事を実施する事が難しくなるからです。


日本は、日本という孤高の立場がある事を決して忘れてはなりません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「友好」ブログ

リンク集

誠心館 美国塾 友好のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる