アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「先祖」のブログ記事

みんなの「先祖」ブログ


国の始まり

2014/05/25 23:54
日本の歴史を知る上で、日本がどのようにして誕生したのかを学ぶ必要があります。

この歴史を学ぶ上でとても重要な書物が「古事記」や「日本書紀」です。

私は社会の歴史で縄文時代からの歴史を教わってきました。
これは、遺跡発掘等から紐解いた結果の歴史であり、以前から語り継がれていた歴史でない事は明白であります。
遺跡は、あくまでも当時の人達が暮らしていた「遺跡」でありますので、歴史としてはさほど重要でないと考えます。

それよりも、国の始まりがどのようであったのか「神話」を学ぶ事が重要です。

なぜならば、日本は世界の中で最も古い国であり国史紀元から2600年以上を経過している唯一の国であるからです。

紀元前600年以上前から一つの国として存在している国は世界を見渡しても何処にもありません。


日本に比較的近い国があります。
ヨーロッパのギリシャです。

ギリシャでは「ギリシャ神話」と呼ばれるものがあり、今でも語り継がれています。

日本では「古事記」があるにも関わらず、今の教育ではそれを語り継がれる事がありません。


これは、戦後の米国の植民地政策により、大和民族を凋落させる政策の一つとして、民族の歴史を教えないという事をしてきたらかであります。

一つの例を挙げてみます。
隣の中華人民共和国では「中国四千年の歴史」等とテレビ等で言われていますが、かつては「二千年」でありそれが誇張されて四千年になっている今があります。
それでは、中華人民共和国が四千年の歴史があったかというと、そういう訳ではなく日本でいう戦後に様々な内紛がありその結果今の中華人民共和国が誕生しています。

三国志などで知られていると思いますが、幾つの国家が戦を繰り返している歴史があるのです。

確かに、大陸から様々な物は伝わってきたとの歴史上の記述が残っていますが、それ以前に日本独自の様々な物が既に存在しており、それが原点となって今でも日本人の生活習慣を支えています。

簡単に周辺国との比較をしましたが、国名が変わらず単独で国家として長きにわたり継続している国は、日本国だけだという事を、歴史として子供達に教えて行かなくてはなりません。


どのようにして日本列島が生まれたのか。
古事記にはしっかりと書かれています。
古事記に書かれている神様は、今でも日本を支えている神様であります。

これは日本人の原点であり、歴史であり、国の始まりであります。


日本人としての「心」を学ぶ上において、国の始まりを学ぶ事はとても重要な事なのです。
それに気付く事が、今の日本人にとって大切な事です。

他のサイトやブログでは、戦後の歴史認識などをよく題材として取り上げますが、そのような専門的な事はそれぞれの方々の方が詳しいのでお任せしたいと考えております。


誠心館美国塾は、あくまでも心を学ぶ事を原則としていますので、これからもそれに関連する事を中心に記事として取り上げたいと思います。

画像



本日は、東京都世田谷区にあるJRAの馬事公苑の記念碑に「皇紀二千六百年」という表記を見て、感じた事を記事にしました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


区切り

2014/03/16 06:02
今年は2月に先祖供養があり先祖の一人が100回忌を迎え無事に先祖供養を終える事が出来ました。
100回忌を迎え、この先祖供養は一区切りとなります。

もう一人の先祖は97回忌で、遠い親戚と一緒に供養をしています。
こちらの先祖も数年後には100回忌供養となり一区切りとなります。

古い先祖の供養をしていると、お寺のお坊さん達はあまり私達に説法を解く事もなく、当たり障りのない世間話をして供養に入る事が多いです。

様々な宗派のお寺でお経を唱えてもらっていますが、お坊さんの話を聞いていると33回忌位から先祖供養をしている人が殆どいなくなるとの事です。

自分を育ててくれた両親の供養はするのですが、その本人も亡くなってしまうとその子供達は子供達のおじいさんとおばあさんの供養をする事は殆どないとの事です。

その境が大体33回忌だそうです。



3月に入り、祖父母の眠る自宅から比較的近いお墓と少し離れた寺墓地に春の彼岸の墓参りに行ってきました。
自宅から近いお墓は例年に比べると今年は冷え込み寒い墓参りで、訪れる人達も少なかったです。

寺墓地では丁度檀家がお坊さんにお経を読んでもらっている最中で、数人の人達が墓参りに来ていました。

墓石に水をあげ、お線香をあげ 「いつも元気にしていますので早く成仏して下さい」と挨拶をしてきます。
時間にして15分位でしょうか。
いろいろと相談をしてしまう人もいるかもしれませんが、私の場合は先祖がこの世に未練を残さずに早く成仏してもらいたいという気持ちがあるので、このような挨拶だけになってしまいます。

しかし、挨拶に来る事で先祖達は「元気でやっているな」と分かると勝手に思っています。

お墓の掃除をする時はもっと時間がかかりますが、この時期は草むしりなどの作業がないので早く終わります。


ここで肝心な事は、多くの滞在時間ではなくお墓参りに行くという事です。

参るという言葉は、行くの謙譲語です。先祖に経緯をはらっているから参るなのです。
それだけ私達にとって大事な行為であります。


今の私がいるのは、先祖供養をしている仏さんすなわち先祖だった人がいるから存在している事を忘れてはなりません。

春と秋の彼岸、そしてお盆は出来る限り墓参りをして行きたいと思います。
それが日本人であり大和心だと思うからです。


神様も大事ですが、先祖の仏も大事です。
この両方を敬う事が出来るのが、日本人であり大和民族であると思っています。


100回忌の供養をしてもらう先祖はあまりいないと思いますが、私は、私の子孫にもこの尊い行為を教え伝えて行きたいと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋の彼岸

2013/09/24 01:49
久しぶりの更新となります。

秋分の日の前後3日間が秋の彼岸と呼ばれています。

3連休の初日に、墓参りに行ってきました。
お墓は有名観光地にありますので、連休もありかなり混雑していました。お墓も彼岸という事もあり、多くの人達が墓参りに来ていました。

今年は、暑すぎたのか雑草が伸びるよりも水不足で枯れてしまっており、例年に比べると草取りが楽に済みました。
日頃は海風が遡ってきて風が強いお墓なのですが、当日は風も弱くお線香の着火も簡単に終りました。

先祖には、元気で暮らしている旨を伝え、お墓を後にしました。




さて、政権交代してから少しずつ日本の本来進むべき方向に進んでいるような感じです。

今まで、世論誘導されていた世の中が、ネットの普及によりその事が直ぐにばれてしまい、正しい情報が正確に伝わる速度は著しい発展を見せています。

このブログでも記事に取り上げてきました内容が、より具体的に現実になっている事象も多くあり少し安堵しているところであります。

ネット上では特に悪い行いをしていたり、国を陥れようとする行為や言動について、直ぐに表沙汰になるような時代になって来た事は大変良い流れだと思います。


最近、気になる事があるのですが、新聞やテレビ等で政府が正式発表をしていないのにもかかわらず、さも正式に発表をしたような事をこぞって取り上げている件が増えている事です。

消費税等の税に関する事は、安倍政権はまだ公式な答えを出しておらず、10月に入ってから安倍総理の責任において決める事を事前に公表しているにも関わらず、世論誘導をしているマスコミの行動には疑問が残ります。

最近の日本全体の一連の流れを見ていますと、
 ・不正が表沙汰になる。
 ・売国奴があぶり出される。
 ・えせ愛国者の正体がばれる。

この流れは以前よりも強くこの傾向が続くと思いますので、この流れで国がよい方向へ進んで行くことを望みます。



街を歩いていると、高齢者が増えている事に気づかされます。
地方にいる時は周辺が高齢者しかおりませんでしたの気になりませんでしたが、都心部においては地方にも増して高齢者が増えており、本格的な高齢者社会が到来した事を感じます。

高齢者が増える事は、定年退職者が増え、企業の労働力が少しずつ減少して行く事にもなります。
新聞の求人広告を見ていますと、景気が良くなっている分野が頻繁に求人をしています。
しかし、自動車会社の工場などで働く期間従業員は、長期に渡る募集をしているようなので、求める人材を確保するのに苦労しているようです。

大手航空会社も客室乗務員を新卒で正社員採用する事が発表され、これからは企業同士で労働力と優秀な人材の奪い合いが始まると予想しています。


今までは、人口が増え、生産も増え、売り上げも伸びる。そのような世の中の産業構造になっていましたが、これからは少ない若い労働力で多くの高齢者を支える社会に変わって行きます。

それには少ない労働力で大規模な生産が出来る産業構造に変える必要に迫られます。

これは、製造業などだけではなく、一次産業などの農林水産関係を含め、全ての産業が当てはまる事になります。

労働力を補う為に移民を受けいれる事を推薦する人々がいますが、そもそも日本は単一民族で繁栄する為に、ユーラシア大陸から地殻変動で切り離され、今日の日本列島が生まれた歴史的経緯があります。


隣の半島の人々や国の姿勢、隣の大陸の国の姿勢を見ていると、このような民族や人々を受け入れる事は、2700年以上続いた日本文化を潰すきっかけとなってしまいます。ただでさえ、戦後のさまざまな植民地政策により日本は文化精神的に骨抜きにされてしまい、今日の日本になってしまっています。


移民を受け入れた結果、スウェーデンやオランダ等では元々暮らしていた人々と移民による衝突が起きてしまっており、国体を維持するのに大きな問題となっています。特に宗教の違いによるものは、根本的な考え方が違いますのでこれを相容れる事は、事実上不可能だと考えます。

これを反面教師に、これから更に進む人口減少に対する対策や仕組、仕方を作り上げて行く必要があります。


秋の彼岸は、日本人の先祖を尊ぶ心であります。
この文化を大切に、これからも良い日本になるように皆で築き上げて行かなくてはなりません。
先祖は、私達子孫が平和に仲良く暮らす事を望んでいるに違いないからです。








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


墓参り

2013/07/20 00:34
久しぶりの更新となります。

明日から子供達が夏休みに入っる地域も多いのではないでしょうか。

実家の近くにある母方の先祖が眠っている墓地は、有名観光地や海岸がありますので夏休みに入ると突然混雑してきて周辺道路が慢性的な渋滞になります。

そのような理由から混雑する前にお盆前に両親と一緒に墓参りに行ってきました。

このお墓はお寺の境内ではないので、親族がお墓の手入れをする事になります。
その他の先祖が眠るお墓は全て寺墓地なので、手入れはお寺に任せておくことができます。
また、他の親戚も頻繁にお墓参りに来ているようなので、その点は安心する事が出来ます。

暫く離れた場所で暮らしていましたので久しぶりの墓参り。

草木を剪定し雑草を抜いてお墓を綺麗にしてきました。
綺麗にしておく事で先祖も喜んでくれているものと思います。

先祖参りを済ませましたので安心してお盆を迎える事が出来ます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


先祖を敬う心

2010/02/02 01:32
皆さんそれぞれに自分の両親、祖父母、その上のご先祖様と血が繋がっている事でしょう。

お墓参り、回帰供養、年忌供養等、先祖に関わる昔からの行事があります。

先祖のお墓の近くを通りかかった時、お墓参りやお墓の掃除をしたり、自分や家族の近況を報告したり、元気です後している事を報告したり、ひとそれぞれご先祖様に対する接し方があると思います。

私の先祖のお墓の一つは公園墓地にあります。
綺麗に手入れをしているお墓、親族の色々な人達が訪れているお墓、草が生えて墓石さえ見えないお墓、様々なお墓があります。
私の場合、早く伸びてしまう草木の選定を行い、掃除をしてお線香を上げて、近況を報告していつもお墓を去って行きます。
小さな頃からお墓参りをして先祖に挨拶する事を教えて頂いた、今は亡き祖母もそのお墓に入っています。

さて、そのような先祖を敬う心があったとしても、実際に先祖供養を行うには多額の費用がかかるのが現状です。

普通、お寺でお経を上げてもらい、塔婆を準備して、お墓に向かいお墓の掃除や墓石に水をかけて、線香を焚くのが一般的ですが、お経を上げてもらうのに多額の費用がかかるからです。

お布施をもらう住職は、いつからお経料金額を決め、法外な塔婆の値段を設定し、結局お金のある人達のみ供養が出来るのが現状であります。

簡単にいうと先祖を人質にとり、金儲けをしているそんな寺が殆どであります。

貧しいお寺には、心の綺麗な住職がおり、若くても心にしみるようなよい話や会話をする事が出来るます。
しかし裕福なお寺は、まずはお布施が先であり、お経を呼んでいる背中は、欲にまみれているように見えるのは気のせいでしょうか。

お墓参りをする習慣は、日本が代々伝えてきた先祖を敬う尊い行為であり気持ちであります。
その気持ちを持ち続ける事が出来れば、病む事が少なく、健康でいる事が出来ると思います。

私の場合、その年の先祖供養を年始に確認をしています。
命日の数カ月前にお寺の予約をして、その日に備えます。
春と秋の彼岸には近所ではありますが、お墓参りに行きます。

自分達の先祖が当たり前のように行っていた、先祖を敬う事、最近の日本人は忘れていませんか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


創業者と経営者との違い

2009/06/22 08:30
名だたる企業はたくさんありますが、創業の苦労を経験している方は少ないと思います。

ある程度の企業実績と社会的な信用がある中で、世代交代で経営者が変わって行きます。

創業者で名前を残している、本田宗一郎氏や松下幸之助氏は、創業者であり経営者もありますが、創業の苦労を経験した人であります。
これらの人達が残した名言は、自らが苦労し、試行錯誤して経験したからこそ生きている言霊だと、同じ立場になって気づきました。

どんな立派な名言も、それを受ける人がその苦労や努力をしていないと、その真意が理解出来ないという事です。

創業者を越すことは出来ないと、一般的には言われていますがそれは、社会的な信用や信頼を得るのに耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、その実践と真実の上に土台が出来ているからです。

四六時夢中という言葉がありますが、私も創業者の立場となり、寝ている時も仕事の事を考え思案している自分の姿がありました。
経験して初めてわかる創業者の気持ちです。

創業者と経営者との差は、その経験をしたか否かの差だと私は思います。
理論的に美辞麗句を並べても、創業者の苦労や経験にはかなわないという事です。
そのような本当の努力をしている人に対し、見えないものの御力添えがあり、事業が成功して行くのだと思います。

神様や自分の親兄弟、先祖を大切にして、初めて自分の家が繁栄して行く事になると実感しました。
経営者で成功をしたい人は、自らが創業者になったつもりで同様の苦労をしてこそ、本物の経営者になる事でしょう。

これは、企業、個人商店問わず、同様のことです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009/06/02 00:46
先日、私が師の一人としている方より、「今日の平和と経済的な反映は過去の歴史の犠牲により成り立っている事を忘れてはなりません。何故、一人一人が今日の日本が経済不況になり、人心が荒廃していっているのかを考え事はあるか」と言われました。

私なりに色々と考えましたが、その答えの一つが「恩」というものでした。
「恩」は忘れずにいるもの。

明治時代からの過去の戦争で、国の為に犠牲になって亡くなっていった方々に対して、現在の政府が公に感謝の意と恩を感じている事があるかと言う事です。

広島と長崎では、原爆投下の日に平和記念式典を行っておりますが、8月17日の終戦の日に、国の為に犠牲に亡くなった人達の為に国の行事として何かをしているでしょうか。

靖国神社について問題が上がりますが、死者を弔うのは「神社」ではなく「寺」であります。
「神」にしてしまうから問題があるのです。
「寺」でなくては亡くなって行った人達を供養出来ないのです。

自分達の祖先を敬い大切にする事を忘れてしまっています。
供養を怠り、遊びまわり、権利の主張を行い、今生きている日本人としての義務を果たしていないから、三大成人病と呼ばれるような病が増えていったりするのです。
病は全てではないですが、先祖が何かを訴えいてる事が多くあると教わって来ました。

もう一度、過去を振り返り「日本人」として何が出来るかを考えなくてはなりません。
私の爺さんの一人は、満州で戦死しています。

今月は、先祖の87回忌と親戚の37回忌供養があります。
家族一同が健康で元気に暮らしていることを報告していきたいと思います。

日本人の一人一人が自分や家族の為だけでなく、人の為、国の為に何が出来るかを考えなくてなりません。
それが、恩を忘れる事無く、国が今後も繁栄してゆく原動力となると思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


インフルエンザについて

2009/05/21 01:00
日本では死亡者が出ていないのにも関わらず、インフルエンザでこれだけ騒いでいます。
EU各国では、通常のインフルエンザと同じ扱いになっております。

日本で発症している人は17才前後の高校生が殆どで、その他の年代の人には感染していない特徴があります。

今回は言霊という視点で考えてみます。

漢字では → 高校生
ひらがなでは → こうこうせい

こうこうせい を 漢字に直すと 孝行せい

というようにも取る事が出来ます。

日本人に足りないものは、先祖供養を含む、「親孝行」であり、
彼岸やお盆には先祖供養もせずに、長い休みを利用して遊びほうけている人が多くいます。

今回、高校生が発症している考える理由はまずはこの点ですが、
「修学旅行」で海外やリゾートに行くのが本来の修学旅行ではないという点でもあります。
思い出作りには良いかもしれませんが、「修学旅行」ではありません。
学校によっては「語学研修」や「研修旅行」と名づけている学校もありますが、
内容は「修学旅行」といっしょであります。

戦前の日本人は、先祖を大切にする事しており、地方ではその習慣が残っているところも多くあります。
しかしながら、都市部に生活している人々は、古くからの習慣を行わずにいるのが現状ではないでしょうか。

この点からも日本人の習慣を大切にしなくてはなりません。
最近ではお寺が面倒くさがり、本来であれば100回忌まで行う回忌年忌供養を50回も行っておりません。

自分の親や先祖を大切にせず、先祖からみて孝行出来ていない子供や子孫を、先祖は許してくれないと思います。

悪戯に騒ぐのではなく、冷静に判断し行動する事が必要です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


先祖供養

2007/06/10 23:46
本日、無事に先祖供養を終えました。

さて、今日はお寺の住職と話をしたのですが、最近の先祖供養についてです。
非常に残念なお話ばかりでした。

幾つかの例を挙げてみます。
・実母が亡くなって1周忌の供養をやらない。

・実母が亡くなって兄弟同士の争いで、遺骨をお寺に預けっぱなしで3年後にようやく遺骨を引き取りにきた。

・先祖供養を全くやらない。

田舎のお寺ですが、先祖供養の習慣が少しずつ忘れられて来ているとの事です。
先祖を供養することで、先祖が喜ぶと同時に自分達にも徳という形で見えない財産を貯蓄する事が出来るとも言われていました。

まさしくその通りとうなずきながら、住職との話が弾みました。

このような現状を聞いて、日本に暮らすものとして非常に残念に思いました。
神様や先祖を尊び、仏の供養を行うのが本来の日本人の姿ではないでしょうか。

しかし、このような事を書いていても気になる事があります。
それは、お寺での供養を行う費用が高いことです。
鶴見の某お寺では先祖供養のお経を上げてもらうのに10万円もかかります。
その他に塔婆やお花代など必要以上の経費がかかります。
普通のお寺でも数万円のお経料を取る所が多いです。
ほんらいお寺のお布施は「心付け」です。
神社の賽銭箱に「お願い事1回につき○○万円から」などの掲示は見た事がありません。
賽銭箱に入るのは心付けです。
これに値段を付けるのは「坊主の金儲け」に他なりません。
全国にこのようなお寺は数多くあります。

経済的な事情で、先祖供養を実施したくてもお金がないので実施できないと言うこともよく耳に入ります。

まずは、このような所からも問題を解決してゆかなければなりません。
新しいお堂を建てるのも結構ですが、その前にもっと多くの檀家や子孫の人々に
お寺に来てもらい、供養できるようになればお堂や必要な用具などをそろえるだけの
お布施が集まってくると思います。

日本全国に多くのお寺がありますが、今一度このような事を考えてては如何でしょうか。
今のままでは、先祖供養を行うような尊い気持ちを持っている人々は少なくなってしまいます。

彼岸、お盆には遊びに行くのは結構ですが、先祖に義理を果たしてから行うのが、
日本人としての筋だと考えます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


尋常小学校 修身書 「私たちの家」

2007/06/09 22:56
我が家では今日と明日に先祖の50回忌供養と93回忌供養を行います。

今思うと、先祖があって今の自分が存在しているという事実があります。
その事に感謝をしなければなりません。

本日は、日本の「家」について、修身書より抜粋したものを紹介します。

「私たちの家」

私たちの家では、父は一家の長として仕事にはげみ、母は一家の主婦として父を助けて家事にあたり、ともに一家の繁栄をはかっています。
父母の前は祖父母、祖父母の前は曾祖父母と、私たちの家は、先祖の人々が代々守り続けてたものであります。先祖の人々が家の繁栄をはかった心持ちは、父母も少しも変わりがありません。
私たちは、このように深い先祖の恩を受けて生活をしているものであります。したがってこの恩を感謝して、先祖をあがめ尊び、家の繁栄をはかることは、自然の人情であり、またわが国古来の美風であります。

昔、大伴家持は、
剣太刀いよよとぐべしいにしへゆさやけく負ひて来にしそ名ぞ
といって、一族をさとしました。

また、菅原道真の母は、道真が十五歳になって元服した時に、名誉ある父祖の業をついで、いっそう家を盛んにするようにと、
久方の月の桂も祈るばかり家の風も吹かせてしがな
とよみました。

先祖に対しては、祭祀を厚くすることが大切であります。そうしてよく先祖の志をつぎ、先祖の残した美風をあらわすようにつとめなければなりません。

一家の中で、一人でも多くよい人が出て、業務にはげみ、君国のために力をつくせば、一家の繁栄を増すばかりでなく、また一門の名誉を高めることになります。もしもただ一人でも不心得の者があって、わるいことをしたり、つとめを怠ったりするものがあれば、家中の人に難儀をかけて、親類までが肩身のせまい思いをしなければなりません。

このように一人のおこないのよしわるしは、ただちに一家一門の幸不幸となり、先祖の人の名にもかかわるのであります。それゆえ、一家の人々は、みんな心をあわせて家の名誉と繁栄のために力をつくし、先祖に対してはよい子孫となり、子孫にたいしては、またりっぱな先祖となるように、絶えず心がけなくてはなりません。



私も家を継ぐ立場でありますので、今回の先祖供養を含め、各先祖の先祖供養を怠らず、今の家の繁栄の為に、日々努力をしなければならないと思いました。
私が世を去った後も、子孫から尊ばれるような行いを今もしなればなりません。

先祖を尊び大切にし、親兄弟親戚も大切にしてこそ、家の繁栄と幸せをつかむ事が出来ると思います。

明日は先祖の93回忌の先祖供養を行います。
先祖には元気で幸せに暮らしている事を報告してきたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
尋常小学校 修身書 「祖先」
春の彼岸です。 皆さんはご先祖様を大切にしていますか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/18 23:18

トップへ | みんなの「先祖」ブログ

リンク集

誠心館 美国塾 先祖のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる