誠心館 美国塾

アクセスカウンタ

zoom RSS 国の始まり

<<   作成日時 : 2014/05/25 23:54  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本の歴史を知る上で、日本がどのようにして誕生したのかを学ぶ必要があります。

この歴史を学ぶ上でとても重要な書物が「古事記」や「日本書紀」です。

私は社会の歴史で縄文時代からの歴史を教わってきました。
これは、遺跡発掘等から紐解いた結果の歴史であり、以前から語り継がれていた歴史でない事は明白であります。
遺跡は、あくまでも当時の人達が暮らしていた「遺跡」でありますので、歴史としてはさほど重要でないと考えます。

それよりも、国の始まりがどのようであったのか「神話」を学ぶ事が重要です。

なぜならば、日本は世界の中で最も古い国であり国史紀元から2600年以上を経過している唯一の国であるからです。

紀元前600年以上前から一つの国として存在している国は世界を見渡しても何処にもありません。


日本に比較的近い国があります。
ヨーロッパのギリシャです。

ギリシャでは「ギリシャ神話」と呼ばれるものがあり、今でも語り継がれています。

日本では「古事記」があるにも関わらず、今の教育ではそれを語り継がれる事がありません。


これは、戦後の米国の植民地政策により、大和民族を凋落させる政策の一つとして、民族の歴史を教えないという事をしてきたらかであります。

一つの例を挙げてみます。
隣の中華人民共和国では「中国四千年の歴史」等とテレビ等で言われていますが、かつては「二千年」でありそれが誇張されて四千年になっている今があります。
それでは、中華人民共和国が四千年の歴史があったかというと、そういう訳ではなく日本でいう戦後に様々な内紛がありその結果今の中華人民共和国が誕生しています。

三国志などで知られていると思いますが、幾つの国家が戦を繰り返している歴史があるのです。

確かに、大陸から様々な物は伝わってきたとの歴史上の記述が残っていますが、それ以前に日本独自の様々な物が既に存在しており、それが原点となって今でも日本人の生活習慣を支えています。

簡単に周辺国との比較をしましたが、国名が変わらず単独で国家として長きにわたり継続している国は、日本国だけだという事を、歴史として子供達に教えて行かなくてはなりません。


どのようにして日本列島が生まれたのか。
古事記にはしっかりと書かれています。
古事記に書かれている神様は、今でも日本を支えている神様であります。

これは日本人の原点であり、歴史であり、国の始まりであります。


日本人としての「心」を学ぶ上において、国の始まりを学ぶ事はとても重要な事なのです。
それに気付く事が、今の日本人にとって大切な事です。

他のサイトやブログでは、戦後の歴史認識などをよく題材として取り上げますが、そのような専門的な事はそれぞれの方々の方が詳しいのでお任せしたいと考えております。


誠心館美国塾は、あくまでも心を学ぶ事を原則としていますので、これからもそれに関連する事を中心に記事として取り上げたいと思います。

画像



本日は、東京都世田谷区にあるJRAの馬事公苑の記念碑に「皇紀二千六百年」という表記を見て、感じた事を記事にしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク集

国の始まり 誠心館 美国塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる